iPhone 12はノッチ廃止、ポートはUSB-CではなくLightningか

一部で熱望されているUSB-Cポートの搭載は、少なくともプロトタイプ段階では採用されていない模様

Iphone 12 2020

2020年に登場する「iPhone 12」(仮称)のプロトタイプに関する情報を、著名リーカーのBen Geskin氏がツイートしている。

同氏いわく、次期iPhoneは本体上部にある画面の切り欠き(ノッチ)が廃止される他、ミュートスイッチが現行モデルからデザインと構造が変更されると伝えている。また、一部で熱望されているUSB-Cポートの搭載だが、少なくともこのプロトタイプにおいては実現されず、Lightningポートのままとなっているようだ。

ノッチの小型化はベゼルにセンサーを埋め込むことで実現?

ノッチが廃止されるとの情報はここまで何度か噂されている。現状、ノッチにはTrueDepthカメラを含む様々なセンサーが内蔵されているが、Ben Geskin氏自身の過去の発言によると、「Face ID」およびTrueDepthカメラは本体上部のベゼルに埋め込まれる説明している

6 7 inch display on next iphone 2020

参考に、「iPad Pro 2018」は画面上にノッチがあるわけではなく、全画面が均一のベゼルになっているが、これは現行のiPhoneのノッチと同じ幅のベゼルを画面全体に採用していることで実現できている。

ミュートスイッチはかつてのiPadライクなデザインに?

ミュートスイッチのデザイン変更は、「iPhone 11」シリーズで実現されると噂されていたが、結果的に従来通りのデザインのまま登場した。

従来は本体に対して前後に上げ下げするような構造となっているが、これは片手でミュートのオン・オフを切り替えづらい、という欠点がある。

Triple Lens Camera unit for 2019 iphone rendering 3

ミュートスイッチの本体と上下する構造に変更することにより、片手でも状態を切り替えやすくなると期待される。

USB-CではなくLightning

来年のiPhoneはデザインも刷新されると予想され、メジャーアップデートになると期待されていることからLightningポートではなくUSB-Cポートを採用することが一部で熱望されているが、残念ながらそれは実現される可能性が低そうだ。

AppleはサードパーティメーカーがUSB-C – LightningケーブルをUSB PDに対応させるための新しい「C94コネクタ」を開発・提供したばかり。iPhoneを使う人が物理的に接続できる方法を制限することによってユーザーの安全性を守るという狙いもあるが、Lightning関連ビジネスの維持という狙いもあると考えられる。

なお、「iPhone 11 Pro」シリーズには18W USB-C電源アダプタが同梱され、ケーブルもUSB-C to Lightningケーブルに変更されている。

コメントを残す(6件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(6件)
  1. んちまみ

    LightningコネクタはゲームキューブのシングルCDサイズのDVD-ROMと同様の「物理的なハードル」の意味もあるから、Android派がワーワー言ってもその使い方を見てるとなかなか無くならないと思う…🙁。

    1. g.O.R.i

      Android派がワーワー言ってるのか!Android派ならそもそもワーワー言う必要もないのに……

  2. Apple大好きマン

    ノッチに慣れてきたところでどうなっていくのか楽しみですね!
    あとこれ以上、薄くしないでほしい(笑)

    1. g.O.R.i

      薄さはこのままでいいですよね、実際w

  3. 通りすがりの読者

    アルミ+ガラス、ステンレス+ガラスじゃなく
    筐体を別の素材に変えてほしいな思ったり…

    1. 通りすがりの読者

      うわ…..めっちゃ分かる…個人的には金属筐体が1番

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索