iPhone 12は筐体デザインの大幅刷新、5G対応、カメラ性能の向上が特徴か

iPhoneとしてのメジャーアップデートは2020年になりそう

Iphone 2020 concept ben geskin

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、2020年のiPhoneラインアップはデザインの完全刷新、5G通信のサポート、カメラ性能の強化が特徴となると伝えている。

間もなく発表予定の「iPhone 11」は背面こそ物議を醸している正方形のカメラユニットを搭載するものの、基本的には「iPhone X」からのデザインを踏襲すると見られている。デザインの刷新を求めているのであれば2020年のiPhoneまで待つのが良さそうだ。

これらの特徴に関する詳細は明らかにしていないが、本人が伝えてきた情報を含む過去の噂からも今回の予想を裏付けるものとなっている。

Kuo氏は今年6月時点でも2020年のiPhoneは5Gをサポートし、すべて有機ELディスプレイを採用すると伝えていた。現状、「iPhone XR」は液晶ディスプレイを採用し、今年発表される後継モデルも同様に液晶になると見られている。

また、現行では5.8インチディスプレイを搭載しているiPhone X/XS」の後継モデルは5.4インチとなり、6.5インチディスプレイを搭載しているiPhone XS Max」の後継モデルは6.7インチに大型すると伝えていた。

さらにノッチなしの全画面ディスプレイが実現されるとの情報もあり、開発が順調に進めば画面内蔵型「Touch ID」が採用されるとの噂やディスプレイが120Hzリフレッシュレートをサポートするという噂もある。

他にもKuo氏は今年7月、2020年のiPhoneにToFセンサーによる3Dセンシングを可能とするカメラを搭載するモデルが2機種存在すると予想していた。これはDigitimesも同様の情報を報じている。

(Source: 9to5Mac

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索