2020年のiPhoneはノッチなしの全画面ディスプレイ実現か

画面上どこでも認証できる画面内蔵型指紋センサーと画面内蔵カメラを搭載したモデルが1機種、2020年に登場する可能性も

Ruben martinez uiUvvosDoNo unsplash

Appleは今後2年間で「iPhone X」シリーズの特徴でもあり”個性”でもある画面上部のノッチを小型化、そして最終的に廃止する方向に向かっているようだ。

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは2020年には少なくとも1台は現行モデルと比べて内向きカメラ(TrueDepthカメラ)が小型化されると予想している。

また、China Timesによると、Credit Suisseのアナリストからの情報として、Appleは2020年に少なくとも1台は「Face ID」も搭載せずノッチもない、ディスプレイ上どこでも認証する画面内蔵型指紋センサー画面内蔵型カメラを搭載したモデルを発表すると報じている。

そのアナリストは、2021年までにはすべてのiPhoneがノッチを搭載しなくなり、全モデルが画面内蔵型指紋センサーに切り替わると予想している。

Appleは先日、ディスプレイ内蔵型指紋センサーの研究開発を本格化したと報じられていたばかり。過去にもMing-Chi Kuo氏やBarclaysのアナリストBlayne Curtis氏も全画面「Touch ID」に関する情報を伝えていた。

また、今年1月にはAppleのサプライヤーであるAMSがディスプレイに埋め込める赤外線近接センサーを発表。XiaomiやOPPOはすでに画面内蔵カメラを実機で実現している。

これらの情報の信憑性は定かではないが、シンプルを追い求めているAppleがノッチの廃止に向かっていることは容易に想像できる。

なお、直近で取ったアンケートによると、「Touch ID」の人気は「Face ID」を上回っているという結果が得られた。

(Source: MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索