16インチ型MacBook Pro、新しいシザー構造キーボードで年内登場か

16インチモデルは第4四半期に登場すると予想、2020年以降のMacBookにも新シザーキーボードを採用へ

MacBook Pro 2019 Bukatsudo 01

TFIアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは準備中とされている16インチ型「MacBook Pro」には現行のバタフライ構造ではなく、新しいシザー構造のキーボードを採用する計画があると伝えている。台湾メディアも先日、10月に新モデルが登場すると報じていた

Kuo氏は引き続き16インチモデルが2019年の第4四半期に登場すると予想。2020年に登場するMacBookも新シザー構造キーボードを採用し、2019年をもってAppleはバタフライキーボードを廃止するものと見られる。

16インチ型MacBook Proは現行ラインアップの上位モデルとして登場か

Kuo氏は先日、新しいシザー構造のキーボードはガラスファイバーを使用してキーの強度を上げ、従来よりもキーストロークが深くなると予想していた。最新のレポートでは新しいシザーキーボードはバタフライキーボードよりも厚さが増すと言うとが、ユーザーは違いが見分けられない程度だと言う。

なお、新しいシザーキーボードの部品費用は25〜30ドルになると見られ、一般的な同構造キーボードの費用(8〜12ドル)よりも割高。

興味深い情報として、Kuo氏が公開した資料によると、2020年に存在するMacBookシリーズの一覧には13.3インチ型「MacBook Air」、13.3インチ型「MacBook Pro」、16インチ型「MacBook Pro」に加え、15.6インチ型「MacBook Pro」が残されている

Kuochartkeyboards

つまり、16インチ型「MacBook Pro」は現行の15インチモデルを置き換える存在ではなく、上位モデルとして登場する可能性がありそうだ。

個人的には、16インチ型「MacBook Pro」は「iPhone 8/8 Plus」と同時に登場した「iPhone X」のような位置づけになるのではないかと予想。将来的には「MacBook Pro」は16インチモデルを基準とした外観に統一されるものの、2019年時点では現行デザインを搭載しているモデルも継続して販売されるのではないだろうか。

iPhone 8/8 Plus」に対する「iPhone X」となれば、「Touch ID」ではなく「Face ID」採用も実現されるだろうか。価格もそれ相応に高くなりそうだが、大幅刷新された新しい16インチモデルが楽しみだ。

(Source: MacRumors

ストーリータイムライン
「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索