16インチ型「MacBook Pro」、9月に発表か

3,072 x 1,920ピクセルのディスプレイを搭載、有機ELではなく液晶を採用か

Reza shayestehpour 152957 unsplash macbook pro old model

Appleは今年9月に16インチ型「MacBook Pro」を発表するとの予想を、IHS Markitのコンシューマー・エレクトロニクス担当アソシエート・ディレクターを務めるJeff Lin氏が発表している。

Forbesによると、16インチ型「MacBook Pro」は3,072 x 1,920ピクセルのディスプレイを搭載し、ディスプレイは有機ELではなく液晶。ディスプレイのサプライヤーはLG Displayになるとのこと。

13インチ型「MacBook Pro」と「MacBook Air」の新モデルも

今年2月にMing-Chi Kuo氏はデザインを刷新した16〜16.5インチ型「MacBook Pro」が2019年に発売されると予想していた。その後、ミニLEDディスプレイを搭載した15〜17インチの新型「MacBook Pro」を2021年発表するとの予想を発表。

これらの予想が同じモデルを指しているかどうかは分かっていない。

また、Lin氏によれば、13インチ型「MacBook Pro」と「MacBook Air」もアップデートが用意されると予想している。

同じくMing-Chi Kuo氏は今年2月、13インチ型「MacBook Pro」のRAMは最大32GBまで搭載可能になるモデルが投入されると予想していた。

これまでの傾向と今後の予定を考えると、年内発表の可能性は低い

ここまで見て分かる通り、今回の予想は過去にMing-Chi Kuo氏が今年2月時点で明らかにした情報との違いはほとんどない。

そもそも、これまでの傾向を考えると9月にはiPhoneとApple Watchが発表されることが通例。同時にMacが発表される可能性は極めて低いと考えられる。

さらに、Appleは今年5月に最大8コア搭載の「MacBook Pro 2019」を発表したばかり。今秋には「Mac Pro 2019」と「Pro Display XDR」の発表も控えている中、大幅刷新された「MacBook Pro」を披露する可能性はあまり高くないように思える。

「MacBook Pro 2019」には発表されて間もない、最新の第9世代Intel Core i9プロセッサを搭載している。16インチモデルという大幅刷新モデルを投入するのであれば、その時最新のCPUを搭載していなければインパクトに欠ける。

年内にアップデートがあるとしたら、筐体やCPUはそのままで、GPUがアップグレードされたモデルが投入されても不思議ではない。

というのも、Appleは7月に「MacBook Pro 2018」を発表したと思ったら、その3ヶ月後にdGPUとして「Radeon Pro Vega 16/20」が選べるオプションを提供することを発表したからだ。同じ流れが用意される可能性はゼロではない。

確かに今月、Appleは未発表の新型MacBookをEECに登録したことが報じられていたが、やはりこれはは2017年6月からアップデートされていない12インチモデルを指している可能性が高いと見られる。

「MacBook Pro」が今欲しいのであれば、買うタイミングとしては悪くないように思える。

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索