16インチ型MacBook Pro、今年10月発売かーー台湾メディア

ディスプレイ解像度は3,072 × 1,920ピクセル、本体の厚みは現行モデルと変わらないとの噂

Macbook pro 2020 16inch concept

以前から登場が噂されている16インチ型「MacBook Pro」が今年10月に発売されると台湾メディア「東森新聞」が報じている。

情報元によると、16インチディスプレイは従来通り液晶ディスプレイを採用するものの、解像度が現行モデルの2,880 x 1,800ピクセルから3,072 × 1,920ピクセルになると伝えている。また、本体の厚みは現行モデルと変わらないとのこと。

価格は約31万〜34万になると見られ、価格だけでは2019年モデルと大きく変わらないように見られるが、具体的なスペック構成などは分かっていないため、高いのか安いのかの判断はできない。

経済日報は今月、16インチ型「MacBook Pro」は10月以降に量産開始されると伝えていた。Ming-Chi Kuo氏は今年2月にデザインを刷新した16〜16.5インチ型「MacBook Pro」が年内に登場すると予想していたが、4月に15〜17インチの新型「MacBook Pro」が2021年に発表されると予想を変更していた。

2015年に「MacBook」で初採用して以来、一向に動作が安定しないバタフライ式キーボードを廃止し、代わりに従来よりもキーストロークが深くなり、強度が増した新しいシザー構造のキーボードを採用すると噂されている。

Appleは今年5月に突如最大8コア搭載の「MacBook Pro 2019」を正式に発表。その2ヶ月後には13インチ型「MacBook Pro 2019」に4コアCPUを搭載したエントリーモデルを発表している。

(Source: 気になる、記になる…

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索