TrueDepthカメラ用部品の供給は安定化、次期iPhoneも同じ仕様に

Face ID iPhoneX

KGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、これまで幾度となく報じられてきた「Face ID」を可能にするTrueDepthカメラ用部品の供給は安定化し、2018年に発表するiPhoneではこのようなトラブルが再発しない、との見方を示している。

同時に発表された「iPhone 8/8 Plus」からは大きく遅れて発売となった上に在庫不足が明らかになった「iPhone X」だが、Kuo氏いわく、2018年のiPhoneはスケジュール通りに発売され、在庫状況も安定していると予想している。

やはり来年のiPhone、全モデルがホームボタン廃止か

来年のiPhoneは「iPhone X」と同じTrueDepthカメラを採用する見通し。同じドットプロジェクターと赤外線センサーを使用し、顔認証を実現する。

Kuo氏は2018年のiPhoneは全モデル「Face ID」を採用し、「Touch ID」を廃止すると伝えていた。9月26日時点の噂では、2018年のiPhoneは5.85インチと6.46インチの有機ELディスプレイモデルと6インチの液晶ディスプレイモデルという3モデル展開になると伝えられていた。

TrueDepthカメラの供給が安定化しているということは、来年のiPhoneはもちろんのこと、別のデバイスにも適用される可能性がある。Kuo氏は次期「iPad Pro」はTrueDepthカメラを搭載し、「Face ID」に対応する可能性があると発表していた。

現時点における来年以降の噂はあくまでも噂として捉えるのがベストだが、「Touch ID よりも優れている生体認証」として「Face ID」をアピールしている以上、AppleがiPhoneを筆頭に他のデバイスも移行するのは十分考えられるのではないだろうか。