2019年のiPhoneには進化したTrueDepthカメラを搭載、バッテリーが課題に

iPhone X シルバーモデル ゴリミー レビュー

KGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、2019年以降のiPhoneはより電池消費の激しくなった新しいTrueDepthカメラを搭載すると予想。そのため、Appleは大容量バッテリーを開発する必要があると指摘している。

Kuo氏によると、Appleは2019年にさらに進化したTrueDepthカメラとAR関連機能を提供すると予想。半導体の製造過程やSiPなどを含むAppleの保有する技術があれば、必要される大容量のバッテリーを開発することができると説明している。

2019年は外向きカメラもTrueDepthになるという噂も

2018年には3種類のiPhoneが登場すると噂され、全モデルが「Face ID」に対応することから、TrueDepthカメラを搭載すると考えられる。Kuo氏は、2018年に登場する「iPhone X」の後継モデルも電池容量が10%増加すると予想している。

Bloombergは2019年のiPhoneの外向きカメラにも3Dセンサーを搭載すると報じ、2年後には外向き・内向きどちらもTrueDepthカメラになる可能性がある。電池消耗の激しいパーツを2つも搭載するのであれば、バッテリー問題は避けて通れそうにない。

電池といえば、Appleは21日、電池が劣化したiPhoneの性能を意図的に低下させていることを認めた。劣化してもパフォーマンスに影響が出ないような、大容量バッテリーを用意してくれることを願いたい。

(via AppleInsider

Apple新学期を始めようキャンペーン