Apple、電池が劣化したiPhoneの性能を意図的に低下させていることを認める

Ifixit iphone7 battery

Redditのスレッドで電池が劣化した古いiPhoneの性能を意図的に落としている可能性が指摘され、「Geekbench」を提供しているPrimate Labsの創業者John Poole氏も調査した結果、やはり劣化したバッテリーとiPhoneの性能に関しては因果関係があると説明。

これらを受け、AppleはTechCrunchを通じ、電池が劣化したiPhoneの性能を意図的に低下させていることを認めるコメントを発表した。

「我々のゴールはお客様にとって最高の体験を提供することであり、それには総合的なパフォーマンスとデバイスの寿命を伸ばすことです。リチウムイオン電池は寒い環境や、長年の使用による電池容量の低下により、ピーク電流が流れにくくなり、電子部品を保護する目的でデバイスが予期せずにシャットダウンする可能性があります。」

Appleは、「iPhone 6/6s」の電源が突然落ちる不具合の80%を修正したと謳っている「iOS 10.2.1」を昨年、リリース。上記のような予期しないシャットダウンに対応した。

今後、同機能は「iOS 11.2」が動作する「iPhone 7」をはじめ、将来的には他のデバイスにも適用することを明らかにしている。

つまり、裏を返せばOSのアップデートでiPhoneの性能が著しく低下していることを実感し、iPhoneのバッテリーも長年の使用で劣化しているという自覚がある場合、iPhoneを買い換えることなくバッテリーそのものを交換すれば、引き続き快適に使用できる可能性がある、ということ。

自己責任となるが、万が一iPhoneを買い換えずに使い続けたい人は、Apple Storeなどに端末を持ち込み、バッテリーの交換を依頼してみてはいかがだろうか。

AppleCare+に加入している場合は無料、未加入の場合は8,800円で交換することができる。

追記】Appleが謝罪し、電池交換費用を値下げすることを発表。詳細は下記から。