Apple、バッテリー問題について謝罪ーー電池交換費用を値下げ

Rawpixel com 378011 iphone battery unsplash

Appleが電池が劣化したiPhoneの性能を意図的に低下させていることを公式に認めた結果、米国では訴訟に発展。

これらを受けて、Appleは謝罪。通常、AppleCare+に加入していない場合のバッテリー交換費用は79ドル(税別8,800円)となっているが、iPhone 6」以降のモデルに対し、2018年1月後半以降から12月まで、50ドル(5,600円)値下げし、29ドル(3,200円)で交換可能にすることを発表した。

また、2018年の早い段階において、iPhoneのバッテリー状態を確認できる機能をiOSアップデートとして追加することも明らかにしている。

「買い替えを促進するために何かやることは絶対ない」

電池が劣化した古いiPhoneの性能を意図的に落としている可能性が浮上したのは2017年12月12日のこと。その後、ベンチマークアプリ「Geekbench」を開発するPrimate Labsの創業者John Poole氏が独自で調査した新しいデータを公開し、やはりバッテリー性能に対し、意図的に性能を落としていることを指摘した。

21日にはAppleが電池が劣化したiPhoneの性能を意図的に低下させていることを認め、ついには謝罪およびバッテリー交換費用の値下げをすることに。

Appleは謝罪文の冒頭で、「買い替えを促進するために、デバイス寿命を意図的に短くしたり、ユーザー体験を悪化したりすることは絶対にない」と説明。

元々は、「iOS 10.2.1」では、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」「iPhone SE」の電源が突然落ちる不具合を修正。これは、瞬間的なパフォーマンスのピークをバッテリーの状態に応じて管理する機能が追加されたことで実現されている。

どういうことかというと、突然のシャットダウンは防げるようになる一方で、電池の状態が悪ければ悪いほど、iPhoneが踏ん張らない時に踏ん張れなくなるのだ。空腹だと力が入らないのと同じ感じ。その結果、アプリの起動時間が遅くなるなど、パフォーマンスに影響することもあるという。

Apple曰く、ユーザーからの反応は良好だったため、「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」に対しても同様の機能を「iOS 11.2」で提供。このような仕様である以上、電池を交換すれば、パフォーマンスは元通りになると説明している。

バッテリー交換の対応の受け付けは2018年1月後半以降から12月まで。まだ使い続けたいiPhoneが手元にあり、パフォーマンスに問題があると感じている場合は、電池交換に申し込んでみてはいかがだろうか。

(via Bloomberg

あわせて読みたい