「iOS 10.2.1」、「iPhone 6/6s」の電源が突然落ちる不具合の80%を修正

Iphone6 logo and etc

iPhoneの電源が予期せずに突然落ちる不具合が一部で報告されていた問題について、診断機能を含むソフトウェアアップデートを配布し、原因解明に当っていた。

Appleによると、iOS 10.2.1」では以前報告されていた「iPhone 6/6s」の電源が突然落ちる不具合の80%を修正したことがTechrunchを通じて発表された!

予期せずにシャットダウンしても電源に接続せずに電源が入るように

発表されたコメントによると、Appleは「iOS 10.2.1」によって「iPhone 6s」における同不具合の発生率を80%削減し、「iPhone 6」における発生率を70%削減することに成功したことを発表。

同時に、万が一予期せずにシャットダウンしても電源に接続せずに電源が入るように調整したことを明らかにしている。以前はiPhoneの電源が突然落ちてしまった場合、一度電源に接続しなければならなかった。

また、「iOS 10.2.1」の「設定」アプリ内にあるバッテリー情報に状況に応じて「バッテリー交換が必要です」というメッセージが表示されるとのこと。今後数日以内に表示される予定。

なお、これらの不具合は安全上に問題あるわけではないことをAppleは強調している。某端末のように爆発するような危険性はない、ということだ。

特に使用期間が長いバッテリーを搭載しているiPhone(つまり、バッテリー交換をしていない限り買ってからしばらく経っているiPhoneのこと)に発生しやすい模様。システム上、高負荷を検知した場合、誤って自動電源オフ機能が作動してしまっている模様。

この不具合は「iPhone 6/6s」シリーズ限定。「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」には発生していない。

残念ながら完全に修正されている訳ではないが、対象のiPhoneを使用中で電源が突然落ちて困っている人は、まずは「iOS 10.2.1」にアップデートして様子を見てみることをオススメする!

もっと読むiOS 10まとめ
もっと読むiPhone 6まとめ
もっと読むiPhone 6 Plusまとめ
もっと読むiPhone 6sまとめ
あわせて読みたい