Apple、「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合の原因を解明するため、ソフトウェアアップデートを来週中に配布へ

iPhone6s-Silver-128GB-24.jpg

iPhone 6s」が突然シャットダウンする不具合はAppleにも認識され、先日、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開した。シリアル番号で自分の「iPhone 6s」が対象端末であるかどうかを確認することができるので、詳しくは下記記事をどうぞ。

当初、Appleは2015年9月から10月の間に製造されたモデルを対象としてバッテリーの無料交換に応じていたが、さらなる調査によって同期間以外の端末も同様に突然シャットダウンする不具合が発生していることを発表。近日中にソフトウェアアップデートを配布することを明らかにしている。

原因を探るため、次期アップデートに診断機能を用意

中国語版のAppleサポートページによると、Appleはこの不具合の原因を探るため、来週中に診断機能を含むソフトウェアアップデートを配布することを明らかにした。これによって原因特定に繋がる可能性が増し、解明できた場合は追々のアップデートで修正される見込み。

A small number of customers outside of the affected range have also reported an unexpected shutdown. Some of these shutdowns can occur under normal conditions in order for the iPhone to protect its electronics. In an effort to gather more information, we are including additional diagnostic capability in an iOS software update which will be available next week. This will allow us to gather information over the coming weeks which may potentially help us improve the algorithms used to manage battery performance and shutdown. If such improvements can be made, they will be delivered in future software updates.

既にシリアル番号でバッテリーに問題があることが確認できた「iPhone 6s」を持っている人は時間を見つけてバッテリーの交換対応をするべし。シリアル番号で対象外と表示されたモデルを持っている人は、いずれソフトウェアアップデートで修正されることに期待しましょう。

(via 9To5Mac