ソフトバンクオンラインショップ

Apple、iPhone 7が圏外になる不具合に対する修理プログラムを開始

Appleは2月2日、ごく一部のiPhone 7において、モバイルデータ通信のサービスエリア内でも「圏外」と表示される不具合があることを認め、「圏外の問題に対する iPhone 7 修理プログラム」を発表・開始した。原因は、メインロジックボードのコンポーネントの故障とされている。

この修理プログラムは、iPhone 7本体の最初の小売販売日から2年間、対象となるiPhone 7に対して適用される。Macお宝鑑定団Blogによると、対象端末であると確認できた場合、本体交換対応になることが判明した。

発売後から2018年2月までの間に製造されたiPhone 7全モデルが対象

この問題が確認されているのは、2016年9月から2018年2月までに製造され、中国、香港、日本、マカオ、および米国で販売されたiPhone 7

iPhone 7 Plusおよびその他端末は対象外。手元にあるiPhone 7に上記の症状が確認できる場合は、無償で修理対応してもらうことができる。

また、この問題に関してすでに有償の修理をしている場合、Appleからメールで連絡があると同時に返金手続きをしてもらうことができる。有償修理をしたのにも関わらず、2018年3月末までにAppleからメールで連絡がない場合は問い合わせから連絡するよう、案内されている。

モデルナンバーの確認方法と手続きの仕方

今回の修理プログラムの対象となっているiPhone 7のモデルナンバーを確認する方法と対象モデルは下記の通り:

モデル番号 国/地域 Iphone7 back 2x
A1660、A1780 中国
A1660 香港
マカオ
米国 (プエルトリコと米領ヴァージン諸島を含む)
A1779 日本

iPhone 7の交換プログラムは下記方法で手続きが可能。ドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップのようなキャリアショップに行っても対応してもらうことができないので注意するべし。

本体交換になると見られるため、iTunesまたはiCloudにiPhoneを予めバックアップしておくことをお忘れなく!

関連情報
更新日2019年07月01日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索