Apple、iPhone 12/12 Proを対象とした音の問題に対する修理プログラムを発表

対象機種は「iPhone 12」と「iPhone 12 Pro」の2機種

Iphone12 and iphone12pro 01

Appleは8月28日、「iPhone 12 や iPhone 12 Pro の音の問題に対する修理サービスプログラム」を発表した。

確認されている現象と対象モデル

ごく一部のiPhone 12iPhone 12 Proで、レシーバーモジュールのコンポーネントの故障により、音の問題が起きる可能性があると判明。2020年10月から2021年4月までの間に製造されたデバイスに、問題の発生が確認されているという。

iPhone 12またはiPhone 12 Proで、電話をかけたり電話がかかってきた時にレシーバーから音が出ない場合は、修理プログラムの対象になる可能性がある。iPhone 12 miniおよびiPhone 12 Pro Maxは対象に含まれない。

この修理プログラムは世界共通で、通常の製品保証期間を延長するものではない。また対象となるモデルに対し、最初の小売販売日から2年間適用される。

修理手続きを行う方法

iPhone 12やiPhone 12 Proの修理サービスを受けるためには、Apple 正規サービスプロバイダまたはApple Storeで手続きを行う。修理サービス開始前に、 Appleが実機検査を行い、修理プログラムの適用対象かどうかを検証する。

修理に出す前に、iCloudまたはコンピュータにiPhoneをバックアップしておく必要がある。iPhoneを修理に出す前の準備は、こちらのサポートページに記載されている。

修理プログラムの詳細は、以下のページより確認してもらいたい。

公開情報
更新日2021年08月28日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhone 12」新着記事
トレンド検索