Apple、「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」を発表

主に対象となっているのは、2018年10月から2019年8月までの間に製造されたiPhone 6s/6s Plusモデル

Freestocks org y90 oqvnbLE unsplash iphone 6s

Appleは10月5日、一部のコンポーネントの故障により、特定の「iPhone 6s」や 「iPhone 6s Plus」の電源が入らなくなる可能性があることが判明したことをを受け、対象デバイスを無償で修理する「iPhone 6s や iPhone 6s Plus の電源が入らない問題に対する修理プログラム」を発表した。

この問題の影響が確認されているのは、2018年10月から2019年8月までの間に製造され、シリアル番号が特定の範囲内にあるデバイスのみ。修理プログラムページiPhoneのシリアル番号を入力することで、対象となっているかどうかを確認することができる。

Apple正規サービスプロバイダまたはApple Store直営店で対応可

対象のモデルであることが判明した場合、Apple正規サービスプロバイダまたはApple Store直営店でサポートを受けることが可能。

このプログラムは全世界共通となっていて、通常の製品保証期間を延長するものではない。また、対象となる「iPhone 6s」や「iPhone 6s Plus」に対し、その最初の小売販売日から2年間適用される。

注意点として、修理を受けられるのは製品の最初の購入国/地域のみとする場合があるとの記載があること。

すでにこのプログラムの対象と見られる「iPhone 6s」および「iPhone 6s Plus」を有償で修理した場合、こちらかの問い合わせにより返金対応が受けられる模様。

詳細は下記からどうぞ!

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索