「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明

iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg

Appleは、iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合が起きている原因として製造工程に問題があったことを中国語の公式サポートページにて明らかにした。必要以上に大気に触れてしまった結果、電池が劣化しやすくなり、突然電源が落ちることに繋がっていると説明している。

We found that a small number of iPhone 6s devices made in September and October 2015 contained a battery component that was exposed to controlled ambient air longer than it should have been before being assembled into battery packs. As a result, these batteries degrade faster than a normal battery and cause unexpected shutdowns to occur. It’s important to note, this is not a safety issue.

via 有关 iPhone 及意外关机的信息 – Apple 支持

なお、iPhoneの極端な環境によって自動的に電源がオフになる仕様についても説明。これは不具合ではなく、暑すぎる場所または寒すぎる場所にiPhoneを放置するとiPhoneを守るために勝手に電源が切れる仕組みになっている。

先日、Appleは電源が突然落ちる不具合が発生している「iPhone 6s」に対し、バッテリーを無償で交換することができる修理プログラムを発表。シリアル番号で該当機種かどうかを確認することができるので、困っている人はチェックしておくべし!

(via MacRumors