iPhoneバッテリー問題:電池交換の割引価格、「iPhone 6」以上はすべて対象

Appleは、電池が劣化したiPhoneの性能を意図的に低下させていることを正式に認め、この件について謝罪し、電池交換費用を2018年12月までの期間限定で3,200円まで値下げすることを発表した。

当初は1月半ばから交換に応じる方針だったが、在庫があればすぐにでも割引価格で交換対応に応じるとのこと。

従来、電池交換をしてもらうためには、Appleの診断ツールで電池残量が出荷当初の80%未満であることが条件とされていた。iGenerationが入手した内部資料によると、Apple Storeの従業員に対し、電池残量に関係なく、「iPhone 6」以上のiPhoneであれば電池交換に応じるように指示していることが明らかになった。

「電池交換の必要なし」と診断されても交換可能

下記スクリーンショットは実際に使われている診断ツールの画面。iPhoneの電池状態は「Passed」のエリアに含まれ、「Battery Condition(電池状態)」は問題ない、つまり、電池交換の必要がないという診断内容なっている。

Diagnostic Tool for iPhone Battery

本来は赤いエリア「Failed」または黄色いエリア「Consumed」に含まれると診断された場合、電池交換してもらうことができるが、向こう1年間はこの条件が無効化。バッテリー状態に関係なく、2018年12月までは「iPhone 6/6 Plus」「iPhone 6s/6s Plus」「iPhone 7/7 Plus」「iPhone SE」は3,200円でバッテリーを新品に交換してもらうことが可能

iPhone 6s」以上、という条件をそのまま鵜呑みにすれば、「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」も対応機種となるが、記事執筆時点では事実の確認ができていない。

手元のiPhoneを少しでも長く使いたい、という人は頃合いを見計らってAppleの直営店で予約を取り、電池交換対応を申し込んでみてはいかがだろうか。

(via 9To5Mac

Apple新学期を始めようキャンペーン