「iPhone 6 Plus」の端末交換が必要な場合、「iPhone 6s Plus」と交換してもらえる可能性

iPhone 6 Plusゴールド128GBモデル

Appleの正規サービスプロバイダに宛てられた内部資料によると、iPhone 6 Plus」の端末交換が対応が必要と判断された場合、Appleは「iPhone 6 Plus」を「iPhone 6s Plus」に交換してくれる可能性があるとMacRumorsが報じている。この対応は2018年3月まで続くとのこと。

「iPhone 6」に関して同様の対応を取るかどうかは不明。3,200円のバッテリー交換について「iPhone 6 Plus」のみ3〜4月まで在庫不足であると報じられていたが、今回の対応も関係していると見られる。

過去にMacRumorsが入手した内部資料によると、Appleは「iPhone 6 Plus」の製造を終了していることが判明。生産を再開するまでに掛かる時間を考えると、「iPhone 6s Plus」への交換対応が3月まで続くことも理解できる。「iPhone 6 Plus」用バッテリーの供給量が安定する時期とも一致している。

iPhoneのディスプレイ、バッテリー、スピーカー、背面カメラ、Taptic Engineに関しては単体で交換することが可能だが、Lightningコネクタやロジックボードの動作不良は端末交換になることが多いとのこと。

なお、これらの対応が日本でも実施されるかは不明。

もっと読むiPhone 6 Plusまとめ
あわせて読みたい