「iPhone 6 Plus」のバッテリー交換、3〜4月まで在庫不足か

電池が劣化したiPhoneの性能を意図的に低下させていることを明かし、電池の状態に関わらず、「iPhone 6」以上の電池交換費用を2018年12月までの期間限定で3,200円まで値下げすることを発表したApple。

MacRumorsによると、米国を含む一部地域では「iPhone 6 Plus」用のバッテリーは在庫不足となっていて、供給が復活するのは3月後半から4月前半頃になると伝えている。

「iPhone 6」「iPhone 6s Plus」は2週間待ち

これはApple StoreおよびApple公式サービスプロバイダに宛てられた内部資料によって明らかに。

iPhone 6 Plus」は数ヶ月の待ちが発生しているが、「iPhone 6」および「iPhone 6s Plus」は約2週間待ちとなっているとのこと。「iPhone 6s」「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」「iPhone SE」に関しては、在庫は十分にあると伝えられている。

iPhoneの3,200円バッテリー交換は、1台につき1回限り。既に動作が不安定な人は直近で交換した方が良いが、単に値下げしているうちに交換したい、という人は2018年末に持ち込んだ方が長く使い続けられるのではないだろうか。

もっと読むiPhone 6 Plusまとめ
関連記事