「iPhone 6」のバッテリーパックがリーク!容量は1,810mAh

iPhone 6のバッテリー

昨日、次期iPhoneのバッテリー容量は変わらないかもしれないという噂を紹介したが、最新のリークではやはり容量は増える見通しとなりそうだ。

Nowhereelse.friPhone 6」のバッテリーパックと思われる写真が掲載されていたので、紹介する!

容量は「iPhone 5s」から16%改善され1,810mAhに?

容量が同じになるという噂の前は、「iPhone 6」の4.7インチモデルは1,800〜1,900mAhのバッテリー容量を搭載すると報じられていた。今回リークした写真はその当初の噂を裏付ける内容となっている。

バッテリー容量が増えることは大歓迎どころか必須。というのも、ディスプレイサイズが大きくなり高解像度になることを考えると、必然的にこれまで以上にパワーが必要になってくるはず。ディスプレイサイズが4インチから4.7インチへ、解像度が326ppiから416ppiになることを考えると、電池容量が16%アップするだけでは足りないのではないかという見方もある。

iPhone 6のバッテリー

一方、次期iPhoneに搭載されるであろう「A8」プロセッサー20nmプロセスを採用し、クロック数は2.0GHzで動作すると言われている。

これは「iPhone 5s」で採用されている「A7」チップの28nmプロセスよりも1ワットあたりのパフォーマンスが向上しているため、電力効率が改善されることが期待される。よって、必ずしもバッテリー容量1,810mAhが「iPhone 6」にとって不十分であるとは限らない。

期待半分、不安半分。次期iPhoneは電池持ちが改善されていることを願う。

(via 9To5Mac