iPhone 12/12 mini、本体交換が不要になる新しい修理方法を導入へ

二酸化炭素の排出量を減らす目的として導入

IPhone 12 mini Review 10

Appleは正規サービスプロバイダに対し、iPhone 12およびiPhone 12 miniの一部修理内容を、本体交換ではなく部品交換で対応可能にする新しい修理方法を導入すると通達した。

MacRumorsが入手した内部メモによると、iPhone 12またはiPhone 12 miniの電源が入らない、ロジックボードやFace IDの動作不良、背面パネル割れなど筐体の破損は2月23日以降、本体交換をせずに修理できるという。早ければ当日修理も可能になるだろう。

「iPhoneリアシステム」を用意することで実現

Apple直営店および正式サビースプロバイダでは、交換部品セット「iPhoneリアシステム」が用意。ディスプレイとカメラを除く、バッテリー、ロジックボード、ワイヤレス充電コイル、Taptic Engine、Face IDシステムがすべて取り付けられており、該当箇所の修理対応が可能だ。

新しい修理方法は、iPhone 12およびiPhone 12 miniが販売される地域や国で提供される。iPhone 12 ProiPhone 12 Pro Max向けには、同様の仕組みがまだ用意されていないと、MacRumorsは伝えている。

関連情報
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:596834)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:596833)
    店内で丸々そのリアシステムと交換するのかな? それともそのリアシステムから該当部品を外して? でもそれならパーツ単体で送られてきた方がが外す手間がなくて楽なような気が…

    どうなんでしょうねえ!

  2. 通りすがりの読者(コメントID:596833)

    店内で丸々そのリアシステムと交換するのかな?
    それともそのリアシステムから該当部品を外して?
    でもそれならパーツ単体で送られてきた方がが外す手間がなくて楽なような気が…

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索