2020年のiPhoneは画面内蔵「Touch ID」に対応、「iPhone SE 2」も登場か

2019年のiPhoneは3D Touchが廃止される可能性、iPhoneのメジャーアップデートは2020年か

IPhone XI vs iPhone XI Max 5K2 min

BarclaysのアナリストBlayne Curtis氏がアジアのサプライチェーン関係者から入手した2019年の新型iPhoneだけではなく、2020年に発表されるiPhoneに関する情報を明らかにしている。

2019年のiPhoneに関してはこれまで何度も報じられている通りトリプルレンズカメラを搭載し、例年通り7月から8月にかけて量産を開始されるとのことから、発売時期は過去数年間と同じ9月頃になる見通し

新情報として、「3D Touch」が廃止されると伝えている。すでに「iPhone XR」は「3D Touch」の代わりに「Haptic Feedback」を利用していることから現実現的に十分あり得る。

2020年のiPhoneは5G対応、外向きカメラも3Dセンシング対応か

Ming-Chi Kuo氏も2019年以降のすべての端末から「3D Touch」が廃止される可能性があると予想していた。また、関連性があるかどうかは分からないが、過去には次期iPhoneの「Taptic Engine」は指で押した箇所が正確に振動するように改良されるという情報もあった。

またデュアルレンズカメラを搭載すると噂されているiPhone XR」の後継モデルはRAMは4GBになるとのこと。現行モデルのRAMは3GB。今年2月にMing-Chi Kuo氏の予想とも一致している。

現状ではSamsungに依存せざるを得ない状況担っている有機ELディスプレイだが、2019年のiPhoneはSamsungの10〜30%程度を請け負う可能性があるとのこと。2020年のiPhoneはすべて有機ELディスプレイになるという噂もある。

2019年のiPhoneはカメラがアップグレードされることを除くと、デザインは基本的に同じ。メジャーアップデートは2020年になると見られ、5G通信対応外向きカメラの3Dセンシングなどに加え、全画面「Touch ID」が実現されると指摘している。

また、一部のサプライヤーからは「iPhone 8」の内部仕様を持った「iPhone SE2」が2020年前半に発表されるとの情報も入手。今年4月にもudn.comが「iPhone 8」の改良モデルが2020年3月に発表されると報じていたが、「iPhone SE」の形状を引き継ぐとの情報はなかった。

(via MacRumors

ストーリータイムライン
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索