Apple、2020年のiPhoneにQualcomm製5Gモデムチップを採用か

Drew coffman 435402 unsplash iphone

AppleとQualcommの法廷闘争に終止符が打たれたことを受け、Appleは2020年のiPhoneにQulacomm製5Gモデムチップを採用する計画であることが明らかになった。

Nikkei Asian Reviewが今後の計画に精通した関係者から入手した情報によると、Appleは2019年のiPhoneにはQulacomm製チップを使用することはできないものの、2020年のiPhoneに向けて既に5Gモデムチップをテストしていると伝えられている。

5G対応iPhone、2020年に登場する可能性

今月上旬に5G対応iPhoneは2020年には間に合わない可能性があると報じられていた。その理由としてIntel製5Gモデムチップの開発が計画通りに進んでいないことが挙げられていたが、Qulacommと和解したことにより、その心配がなくなった。

Appleは6年間の特許ライセンス契約および2年間延長可能にするオプション、そして複数年に渡るチップセットの供給契約が締結されたことが発表されている。

2019年のiPhoneにQualcomm製チップが採用されないのは、9月発売に間に合わないから。2020年のiPhoneに採用するためには2019年半ばまでにサンプルを手にしている必要があるそうだ。

2020年のiPhoneが5G通信に対応した場合、Intelは5Gモデム事業から撤退を表明しているため、Qulacomm独占になる可能性は高そうだ。

Appleはすでに自社内でモデムチップの開発を行っていると噂されている。

(via MacRumors

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPhoneニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索