次期iPhoneはひっかき傷に強いコーティングを採用、「iPhone XR」の後継モデルに新色グリーンが追加か

Next 2019 iphone model image
【image via @VenyaGeskin1

2019年は新しいiPhoneが3モデル登場する。2機種は有機ELディスプレイを搭載し、1種類は液晶ディスプレイになる見通し。「iPhone XS/XS Max」と「iPhone XR」の後継モデルが登場すると考えられる。

Droid Shoutによると、2019年モデルはコーティングが改良され、「iPhone XR」の後継モデルはカラーモデルが一部変更されデュアルレンズカメラ仕様になるなど、今までにない情報を伝えている。

ノッチは健在、「iPhone XR」はデュアルレンズカメラに

Androidスマートフォン界隈ではパンチホール付きディスプレイが今後普及しそうな雰囲気があるが、Appleは2019年モデルでは引き続き画面上部に切り欠き(ノッチ)があるデザインを採用する見通し。

「iPhone XR」の後継モデルは「iPhone XS Max」よりもノッチが大きい可能性があると伝えられているが、より小さいノッチを搭載しているプロトタイプもあることから、まだ仕様は本決定していない模様。

2019年の新型iPhoneはグリップ力の向上およびひっかき傷防止を目的とした新しいコーティングを採用するとの噂。USB-Cポートを採用するとの情報も伝えられているが、情報元は確信が持てないとのこと。全モデルが引き続きLightningポートを採用する可能性は十分にあるようだ。

OnLeaks氏はプロトタイプにはLightningポートが搭載されていると伝えていた。

一方、確度の高い情報として「iPhone XR」の後継モデルには新色としてグリーン系のカラーモデルが用意されると指摘。同時に、現行モデルに用意されているブラック、ホワイト、イエロー、コーラル、PRODUCT(RED)、ブルーのうち、1色が排除されるしている。

iPhone XS Max」の後継モデルはやはりトリプルレンズカメラを搭載すると予想され、「iPhone XR」はシングルレンズからデュアルレンズにアップグレードされる模様。これはWSJが報じていた情報と一致している。

2019年モデルの価格は2018年から据え置きになると予想されている。

今回情報のこれまで一度もiPhoneに関する情報を取り上げたことのない媒体なので信憑性は定かではない。また、仮に上記のような計画が存在していたとしても9月までには変わる可能性は十分にあるため、噂の1つとして頭の片隅に置いておこう。

あわせて読みたい