「iPhone X Plus」を「iPhone X」と比較したコンセプトイメージ

Iphone x plus image

2018年は「iPhone 8 Plus」とほぼ同じ筐体サイズを持つ、「iPhone X」のようにホームボタンを廃止する代わりに6.5インチの有機ELディスプレイを搭載した「iPhone X Plus」が発表されると噂されている。

リーク情報などでお馴染みのBenjamin Geskin氏が、「iPhone X Plus」を「iPhone X」および「iPhone 8 Plus」と比較したコンセプトイメージを公開していたので、紹介する!

「iPhone X」をそのまま大きくしたようなデザイン

Geskin氏が投稿したものはもちろん、実機ではなくコンセプトイメージ。

「iPhone X Plus」は「iPhone X」のデザインを基本的に踏襲すると見られ、”ノッチ”と呼ばれているセンサーハウジングを含むベゼルレスディスプレイになり、裏側に縦並びのデュアルレンズカメラが搭載されると予想される。

「iPhone X Plus」のモックアップを他端末と比較した動画も公開

寸法の正確性は定かではないが、Geskin氏は大型ベゼルレスモデル登場の噂が報じられてから3Dプリントされたモックアップを販売。それを利用し、「iPhone 8 Plus」や「iPhone 8」、「iPhone X」とサイズ感を比較した動画が公開されている。

あくまでも参考程度だが、「iPhone X Plus」は「iPhone 8 Plus」よりも僅かに縦長になるが、ほぼおなじ大きさになると予想される。「iPhone 8 Plus」から乗り換えた結果、サイズとしては「iPhone X」に全く不満のない僕だが、「やっぱりもっと大きいディスプレイが良い」という人は来年の「iPhone X Plus」を待った方が幸せになれそうだ。

あわせて読みたい