「iPhone 8」のホームボタン廃止を示唆するパーツがリーク

New iphone8 Parts Benjamin Geskin

Benjamin Geskin氏がiPhone 8」のホームボタン廃止を示唆するパーツの写真投稿している

これはFoxconnの工場内から入手したものであるとされ、ディスプレイのブラケットフレームと呼ばれるパーツ。これ単体で見てもピンと来ないかもしれないが、併せて投稿されている「iPhone 7」のブラケットフレームと並べるとその違いがハッキリと分かる。


左が「iPhone 8」、右が「iPhone 7

見ての通り、「iPhone 7」の場合は上下にベゼルがあるため、そのベゼル部分を想定した作りになっている。一方、「iPhone 8」は上下を含む全てのベゼルが極細になっている他、「iPhone 7」にあったホームボタンの切り込みがなくなっていることが分かる。

「iPhone 8」は「iPhone 7」にサイズ感は近いものの縦長になり、「iPhone 7 Plus」よりも大きい5.8インチディスプレイを搭載すると見られている。ディスプレイの有効エリアは5.15インチ、解像度は2,436×1,125になると噂されている。

有機ELディスプレイの供給不足が原因発売直後はやはり入手困難になると予想されている。モックアップはブラックモデルばかりだが、以前投稿された強化ガラスの写真によるとホワイトモデルを含む5色展開になると予想されている。

あわせて読みたい