「iPhone 8」は「A11」、「iPhone 7s/7s Plus」は「A10」を搭載か

IPhone 7 Product Red Special Edition

Benjamin Geskin氏によると、今年発表される次期iPhoneは3モデルとなっていて、そのうち有機ELディスプレイを搭載するモデルは10nmプロセスを採用した「A11」チップになるものの、「iPhone 7s」および「iPhone 7s Plus」は昨年と同じく16nmプロセスを採用した「A10 Fusion」チップになると伝えている

iPhone 8」の噂が次々とリークする中、「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の後継モデルも同時に発表されるという説は濃厚となっている。「iPhone 8」の方が魅力的なデバイスになることは間違いないが、共通仕様として3モデルとも「True Tone」ディスプレイを搭載したり、ワイヤレス充電に対応するという噂もある。

なお、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」は現行モデルの外観を踏襲すると予想されるが、ワイヤレス充電対応のため背面はガラス製に変わり、やや分厚くなる可能性がある

次期iPhoneは例年通り9月に発表されるものの、10月に発売開始されると報じられている。

Apple新学期を始めようキャンペーン