2016年発売のMacBookやiMac、「IGZO液晶」を搭載か?!

SHARP-IGZO-2.jpg

Foxconnがシャープを買収したことによって、Appleにも大きなメリットをもたらす可能性が!

DIGITIMES Researchによると、Foxconnによるシャープ買収を受けて2016年中に発売されるMacBookiMacにIGZO液晶が採用される可能性があるEMSOneが報じている!もしかして6月に登場するであろう新しい「MacBook Pro」にも採用されているかも……?!

薄型化に伴い犠牲になる電池持ちを支える技術に?!

MacBookにIGZO液晶が採用されるという噂は以前から何度も報じられているが、未だに実現していない。過去記事を探ってみたところ、2013年7月に書いた記事では2014年の「MacBook Pro」がIGZO液晶を採用すると噂されていた。

未だに実現されていないMacのIGZO液晶化だが、Foxconnによるシャープ買収によって実現可能性は多少上がっているのかもしれない。

液晶ディスプレイは電池消費の最大の原因。これが省エネ化することができるのであれば現在よりも電池持ちが改善される可能性は高い

ただ、次期MacBookシリーズは「超薄型化」すると噂されている。

このことから、薄型化に伴い犠牲になる電池持ちをIGZO液晶採用によってカバーするのではないかと踏んでいる。2016年中のMacBookおよびiMacに採用されるとの情報なので、期待が高まる。

長らくメジャーアップデートされていない「MacBook Pro」シリーズや「MacBook Air」シリーズだが、今年こそは大きく進化してくれると予想されている。今のところ「iPhone 7」が期待できそうにないので、新しいMacには我々の期待に応えてもらいたい!

 新しいMacはCPUやRAMが自由にカスタマイズできるApple公式サイトから購入するべし!


(via EMSOne