M2チップは2022年後半、M2 Pro/Maxは2023年前半に登場か

AppleシリコンMacのアップデートサイクルは18カ月ごと?

Dhaval parmar dnPniNPUe4o unsplash

Appleシリコンチップは18カ月ごとにアップデートされる可能性がある。工商時報によると、コードネーム「Staten」を持つ「M2」チップは2022年後半に登場。2023年前半には、「M2 Pro」と「M2 Max」チップなどを含む、コードネーム「Rhodes」を持つ「M2X」プロセッサアーキテクチャがリリースされるという。

「M2」シリーズのチップは、すべて4nmプロセスを採用。「M2 Pro」と「M2 Max」の違いは、グラフィックコア数と報じている。18カ月後にリリースされる「M3」シリーズのチップは、3nmプロセスに移行すると見られている。

Appleは2020年11月にM1チップを正式発表。MacBook AirMacBook ProMac miniに搭載し、今年4月にはiMacにも採用した。10月にはM1 ProおよびM1 Maxチップが登場。次期モデルも、同様に「M2」が先行し、「M2 Pro」と「M2 Max」が続くだろう。

2022年以降のMac、「6つの主要な製品ラインアップに調整」と報道

工商時報は、2022年以降のMacラインアップは、”6つの主要な製品ラインアップ”になると指摘。「M2」シリーズチップとMacのラインアップのマッチングを明確にする計画だ。

Macの製品ラインとまた製品名を”再調整”するといい、「M2」チップを内蔵した”MacBook”、「M2 Pro」と「M2 Max」を内蔵した”MacBook Pro”に分けられる。iMacは「M2」チップ、”iMac Pro”は「M2 Pro」または「M2 Max」。Mac miniは「M2」、Mac Proは「M2 Pro」または「M2 Max」を搭載すると予測している。

M2 M2 ProまたはM2 Max
MacBook MacBook Pro
iMac iMac Pro
Mac mini Mac Pro

M1 Pro/Max MacBook Proの発表時期や仕様を正確に予測したiOSデベロッパーのDylan氏は、「M2」チップ内蔵の「MacBook」が2022年半ばに登場すると予測。ディスプレイはミニLEDを内蔵するが、ProMotionには非対応。SDカードスロットとHDMIポートは搭載されないと見られている。

新型Macの噂・最新情報

8本の記事を表示する
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:619036)

    >6つの主要な製品ラインアップ
    これが実現したら、かつてジョブズが行ったとされる「プロ向けとコンシューマ向けへの集約(当時はノートとデスクトップで4つでしたが)」の再来ですかね。

    まあ、一応補足しておくとそこにMac miniやMacbook Airを投入したり、
    13インチをProグループに編入したり(その一世代前は同デザインでProの名は付いていなかった)のはジョブズ時代ですので、後継者にラインアップ増加の責任を求めるのは割と筋違いなのと、
    長年名機として親しまれたAirが名前から消えるのは寂しいという気持ちはありますね。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索