21.5インチ型iMac 4K、512GBと1TBのSSDオプションが選択不可に

iMac Proの販売終了と同時にiMac 4Kのストレージオプションに変化

Imac 4k ssd options are scarce

Appleが、21.5インチ型iMac 4Kの一部ストレージモデルを廃止した。512GBと1TBのSSDが選択不可となっており、256GBのSSDまたは1TBのFusion Driveがオプションとして用意されている。SSDオプションが廃止された理由は明らかになっていない。

新型iMacの発表を示唆する動きか

512GBと1TBのSSDオプションは、3月5日時点で「現在注文できません」と表示されると話題になっていた。またiMac Proは正式に販売終了し、公式サイト上からページも削除されている。

新型iMacは、2021年後半に登場すると噂されている。サードパーティアプリのクラッシュログからも存在が確認されており、すでに実機が存在していることは間違いない。

スペックなど詳細は不明だが、M1チップを上回るパフォーマンスが期待できるだろう。「M1X」チップとされるスペックやベンチマークスコアによると、TDPは35W〜45W、RAMは最大32GB、PCIe 4.0ストレージ対応、出力可能ディスプレイ枚数は最大3枚となっている。Apple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏によると、新型iMacはiPad Air(第4世代)と
同じ5色のカラーバリエーションが用意されると予測している。

(Source: MacRumors

新型iMac(2021)の噂

公開情報
更新日2021年08月24日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iMac」新着記事
トレンド検索