AppleシリコンiMac、Xcodeのクラッシュログから発見

発売時期は2021年後半になると噂されている

New iMacs and Mac Pro Minis Concept Images FPT 01

Concept Creatorによるコンセプトイメージ

Appleシリコンチップを搭載したiMacと見られるデバイスが、Xcodeのクラッシュログから発見された。アプリ「DaftCloud for SoundCloud」のクラッシュログによると、AppleシリコンMacのアーキテクチャを示唆する「ARM64」が動作するiMacを使用したアプリのクラッシュ情報が寄せられたという。

9to5Macによると、表示エラーである可能性は低いと分析。Appleの開発者が、AppleシリコンiMacで「DaftCloud for SoundCloud」の動作確認を行っていたと考えられる。

新型iMac(2021)はPro Display XDRに似たデザインを採用し、フラットな形状になるという。AppleはiMac向けに、16個の高性能コアと4個の高効率コアから構成される20コアチップ、および16コアおよび32コアのグラフィックエンジンを開発していると噂されている。

iPad Airと同じ5色のカラーバリエーションが用意されるとの情報もあり、発売時期は2021年後半になると噂されている。

AppleシリコンiMacの噂・ニュース

6本の記事を表示する
公開情報
更新日2021年07月30日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. ニックネーム(任意)(コメントID:598815)

    MacBook Proと同時かな?6月のWWDCで何かしらあるといいですね
    あと、どうでもいいけど、Arm64て、Amd64と一瞬見間違える

「iMac」新着記事
トレンド検索