MacのAppleシリコン化、宣言していた「2年以内」はギリギリ達成か

Mark Gurman、この先1年間におけるAppleシリコンMacの予想ロードマップを公開

Apple WWDC20 Keynote 2551

Appleは、MacのAppleシリコン化について、期限としていた宣言していた「2年以内」を”ギリギリ達成”する見通しだ。Appleに詳しいBloombergの名物記者Mark Gurman氏が、最新ニュースレターで明らかにした。

MacBook ProMac miniは年内登場、ハイエンドモデルは2022年予定

年内に登場が計画されているのは、新型MacBook ProMac miniMacBook Proは「M1X」チップを搭載し、”今後数カ月以内”に発表される。Mac miniのハイエンドモデルMacBook Proを追って”その後すぐに登場する”と表現しており、別々のタイミングで披露されることを示唆している。

2022年には、iMacMac ProMacBook Airの登場が計画されているという。iMacのAppleシリコン化は”来年中に完了”、Mac Proは”刷新された小型モデル”になるという。MacBook Airの具体的な発表時期は言及していないが、新型MacBook Proに復活するとされるMagSafeをサポートするそうだ。

Mac ProはAppleシリコンモデルに加え、Intelモデルのアップデートを予定。一部では、Intel Ice Lake Xeon W-3300チップを搭載すると噂されている。筐体は現行機種を引き継ぐ可能性が高い。

Mark Gurman氏の予測する、AppleシリコンMacのロードマップをまとめると、以下のとおり。

今後登場するAppleシリコンMacの噂

19本の記事を表示する
公開情報
更新日2021年08月24日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. g.O.R.i(コメントID:606653)
    コメント先:HIBIKI(コメントID:606652)
    見出しが MacBok Pro になってますよ!

    ぎゃー!!修正しました!ありがとうございます!

  2. HIBIKI(コメントID:606652)

    見出しが
    MacBok Pro
    になってますよ!

「iMac」新着記事
トレンド検索