新型14インチ/16インチMacBook Pro(2021)の噂まとめ:Touch Bar廃止、MagSafeと旧ポート復活、発売日など最新情報

随時更新:デザインが刷新されると噂の新型MacBook Proについて現時点でわかっていることすべて

MacBook Pro

新型MacBook Pro(2021)の特徴は、M1チップを上回る性能を持つAppleシリコンチップの搭載、デザインの刷新、ミニLEDディスプレイの搭載、Touch Barの廃止、MagSafeや旧ポートの復活が予測されている。16インチモデルは同じディスプレイサイズを引き継ぎ、13インチモデルは14.1インチディスプレイになると噂されている。発売は2021年後半になる見通し。

本記事では14インチ/16インチ型MacBook Proの特徴、デザイン、スペック、パフォーマンス、発表日・発売日、価格などの最新情報をまとめた。MacBook Proの買い替えを検討している人や、MacBook Proの購入タイミングに悩んでいる人は参考にしてもらいたい。

1分で分かるMacBook Pro(2021)の最新情報

記事執筆時点で報じられている新型14インチ/16インチMacBook Pro(2021)のスペックや仕様は、以下のとおり。新しい情報が入り次第、本記事を追記・修正する。

  • 発表日・発売日はいつ?
    • 2021年第3四半期中(7〜9月)
  • 価格は?
    • 現時点では情報なし
  • チップ
    • Appleシリコン
    • 16個の高性能コアと4個の高効率コアから構成される20コアチップを開発中
      • ※開発状況次第では高性能コアが8または12コアになる可能性
    • 16コアおよび32コアのグラフィックエンジンを開発中
  • ディスプレイ
    • 14.1インチ型と16インチ型
    • 輝度が明るくなり、コントラストが高くなる
  • デザイン
    • フラットエッジ・デザインを採用
    • iPhone 12シリーズに似た角張ったデザイン
  • 特徴
    • Appleシリコンチップを内蔵
    • MagSafeを搭載
    • Touch Barを廃止
    • SDカードスロット、HDMIポートを搭載

MacBook Pro(2021)の噂まとめ

スペック・パフォーマンス

Apple M1 Chip Keynote

概要
  • Appleシリコンを内蔵
    • 16個の高性能コアと4個の高効率コアから構成される20コアチップが開発中
      • 開発状況次第では高性能コアが8または12コアになる可能性
    • 16コアおよび32コアのグラフィックエンジンを開発中

新型MacBook Proは、Appleシリコンチップを搭載する。Appleに詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Intelモデルは用意されないという。

Bloombergによると、AppleはMacBook Pro向けに、16個の高性能コアと4個の高効率コアから構成される20コアチップをデザインしているという。開発状況次第では高性能コアが8または12コアになる可能性はあるが、高性能コア・高効率コアがそれぞれ4コアずつM1チップと比べてパフォーマンスの向上が期待できる。

グラフィック性能も向上するだろう。Appleは、16コアおよび32コアのグラフィックエンジンを開発していると噂されている。M1チップには7コアまたは8コアのGPUが内蔵されている。

デザイン

MacBook Pro design

概要
  • デザインを刷新

新型MacBook Proはデザインが刷新される可能性がある。Ming-Chi Kuo氏は、フラットエッジ・デザインを採用し、「iPhone 12シリーズに似ている」と予測している。一方でBloombergは、デザインのマイナーチェンジはあるが現行モデルと大きくは変わらないと報じた。

MagSafe、Touch Bar、外部ポート

Blocks TkEPQPWr2sY unsplash

概要
  • MagSafeを搭載
  • Touch Barを廃止
  • 旧ポート(SDカードリーダーやHDMIポート)の復活

MagSafeの復活USB-C以外の外部ポートの搭載も噂されている。MagSafeは従来よりも高速充電ができるという。外部ポートは、SDカードリーダーおよびHDMIポートの復活が報じられている。

またTouch Barの廃止も検討されているそうだ。代わりに物理ファンクションキーを搭載したモデルがテストされている。

ディスプレイ

MacBook Pro with display 01

概要

新型MacBook Proは、ミニLEDディスプレイが搭載される可能性がある。Bloombergはディスプレイは改良され、輝度が明るくなり、コントラストが高くなると報じているが、具体的なディスプレイ技術は明かしていない。

ミニLEDの採用により、本体の軽量化や薄型化に加え、広色域や高いコントラスト比やHDRが可能になる。有機ELディスプレイと似た、黒く映したい特定のエリアのバックライトを暗くできる「ローカルディミング」も実現できるとされている。

生体認証

MacBook Pro Late2016 15inch model photos

概要
  • Touch IDを搭載

新型MacBook ProにはFace IDの搭載が期待されているが、Bloombergによると、直近で実装される予定はないという。これまでどおり、電源ボタンにTouch IDが内蔵されると考えられる。

発売日・発表日

概要
  • 2021年半ば予定、9月までに発表

Appleの情報を正確に予測した実績のある有没有搞措氏によると、新型MacBook Proは2021年に登場すると予測している。数々のApple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏も、14インチ型MacBook Proが2021年登場する可能性は「100%」と応じている。

Ming-Chi Kuo氏は、2021年第3四半期(7〜9月)に登場すると予測しており、Bloombergは登場時期を「2021年半ば」としている。

M1 MacBook Proは2020年11月に発表されたが、あくまで2つのポートを搭載したエントリーモデルの置き換えだった。左右に2ポート合計4ポートを搭載した13インチモデルは2020年5月、16インチモデルは2019年11月に発表された。

価格

概要
  • 不明

現時点でMacBook Pro(2021)の価格に関する情報は明らかになっていない。現行モデルは、13インチモデル(4ポート)は税別188,800円から、16インチモデルは248,800円から購入できる。

M1チップを搭載したMacがそうだったように、MacBook Pro(2021)のオプションも簡潔になると予想される。CPUと内臓GPUのクロック数やコア数は共通仕様になり、ストレージ(SSD)、メモリ(RAM)のみを選択する仕組みになるだろう。現行モデルと比べて安い価格で高いパフォーマンスが得られる可能性が高い。

14/16インチMacBook Proの噂

15本の記事を表示する
関連情報
更新日2021年03月24日
コメント(5件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. ニックネーム(任意)(コメントID:599009)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:599004)
    14インチディスプレイってことは本体サイズは13インチママってことなのかな たのしみだぁ☺️

    16インチみたいに、ちょっとだけデカくなるって話もありますけどね。
    リークも人によってちょっとずつ違うので、公式の発表が楽しみですね。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:599004)

    14インチディスプレイってことは本体サイズは13インチママってことなのかな
    たのしみだぁ☺️

  3. 通りすがりの読者(コメントID:598941)

    今すぐにでも発売開始して欲しい😭

  4. g.O.R.i(コメントID:586175)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:586174)
    わくわくしますねー!

    楽しみですねー!!!!

  5. 通りすがりの読者(コメントID:586174)

    わくわくしますねー!

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索