新型14インチ/16インチMacBook Pro(2021)まとめ:M1 ProとM1 Max搭載の最新モデル

M1 ProチップとM1 Maxチップを搭載した最新モデル、各種スペック・仕様などの情報も

MacBook Pro

正式発表

新型MacBook Pro(2021)は、M1チップを上回る性能を持つ「M1 Pro」または「M1 Max」の搭載、新デザイン、ミニLEDバックライト+ProMotionディスプレイ、Touch Barの廃止、MagSafe・SDカードスロット・HDMIポートの復活が特徴だ。ディスプレイ中央にはノッチ(カメラハウジング)が用意されている。

本記事では14インチ/16インチ型MacBook Proの特徴、デザイン、スペック、パフォーマンス、発表日・発売日、価格などをまとめた。MacBook Proの買い替えを検討している人や、MacBook Proの購入タイミングに悩んでいる人は参考にしてもらいたい。

1分で分かるMacBook Pro(2021)

新型14インチ/16インチMacBook Pro(2021)のスペックや仕様は、以下のとおり。

  • 発表日・発売日はいつ?
  • 価格は?
    • 14インチ:239,800円から
    • 16インチ:299,800円から
  • チップ
    • Apple M1 Proチップ
      • 6つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した8コアCPU
        • 14コアGPU
        • 16コアNeural Engine
        • 200GB/sのメモリ帯域幅
      • 8つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した10コアCPU
        • 16コアGPU
        • 16コアNeural Engine
        • 200GB/sのメモリ帯域幅
    • Apple M1 Maxチップ
      • 8つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した10コアCPU
        • 16コアGPU
        • 200GB/sのメモリ帯域幅
        • 16コアNeural Engine
      • 8つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した10コアCPU
        • 24コアGPU
        • 400GB/sのメモリ帯域幅
        • 16コアNeural Engine
      • 8つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した10コアCPU
        • 32コアGPU
        • 400GB/sのメモリ帯域幅
        • 16コアNeural Engine
  • ディスプレイ
    • 14.2インチLiquid Retina XDRディスプレイ
      • 3,024 x 1,964、254ppi
      • ProMotionテクノロジー対応
    • 16.2インチLiquid Retina XDRディスプレイ
      • 3,456 x 2,234、254ppi
      • ProMotionテクノロジー対応
  • デザイン
    • PowerBook G5のようなボテッとしたデザイン
  • 特徴
    • MagSafeを搭載
    • Touch Bar廃止、物理ファンクションキー復活
    • SDカードスロット(UHS-II対応)を搭載
    • HDMIポートを搭載
    • フルHDカメラを搭載

MacBook Pro(2021)の噂まとめ

スペック・パフォーマンス

Apple M1 Chip Keynote

概要
  • Apple M1 Proチップ
    • 6つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した8コアCPU
      • 14コアGPU
      • 16コアNeural Engine
      • 200GB/sのメモリ帯域幅
    • 8つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した10コアCPU
      • 16コアGPU
      • 16コアNeural Engine
      • 200GB/sのメモリ帯域幅
  • Apple M1 Maxチップ
    • 8つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した10コアCPU
      • 16コアGPU
      • 200GB/sのメモリ帯域幅
      • 16コアNeural Engine
    • 8つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した10コアCPU
      • 24コアGPU
      • 400GB/sのメモリ帯域幅
      • 16コアNeural Engine
    • 8つの高性能コアと2つの高効率コアを搭載した10コアCPU
      • 32コアGPU
      • 400GB/sのメモリ帯域幅
      • 16コアNeural Engine

新型MacBook Proは、「M1 Pro」と「M1 Max」のチップが用意されている。

CPUは、高性能コア8つと高効率コア2つが組み合わさった10コア構成。14インチモデルは8コア構成もあるが、16インチモデルは10コアが標準となっている。M1 ProM1 MaxにCPUの性能差はない。

GPUは、M1 ProM1 Maxによって選択できるコア数がことなる。M1 Proは16コアのみだが、M1 Maxは24コアと32コアが選択肢に加わる。

メディアエンジンは、共通してハードウェアアクセラレーテッドH.264、HEVC、ProRes、ProRes RAWをサポートし、ビデオデコードエンジンが用意されている。32コアGPUモデルは唯一、ビデオエンコードエンジンとProResエンコード/デコードエンジンが2つずつ搭載されている。

最新チップを搭載することで、外部出力性能が大幅に向上。M1 Proは最大2枚、M1 Maxは最大3枚の6Kディスプレイが出力可能。いずれも4Kディスプレイを1枚、HDMIポートから出力できる。

デザイン

MacBook Pro design

概要
  • PowerBook G5のようなデザイン

14インチ/16インチMacBook Pro(2021)は、従来よりも大型化した。本体の厚みは増し、重さも増えている。16インチモデルは、搭載するチップによって100gの重量差がある。

MagSafe、Touch Bar、SDカードスロット、HDMIポート

Blocks TkEPQPWr2sY unsplash

概要
  • MagSafeを搭載
  • Touch Barを廃止、物理ファンクションキーを搭載
  • SDカードスロットを搭載
  • HDMIポートを搭載

14インチ/16インチMacBook Pro(2021)は、充電用のMagSafe 3ポート、3つのThunderbolt 4ポート、UHS-II仕様のSDカードスロット、HDMI 2.0仕様のHDMIポートが搭載されている。

ポートの構成は、左側にMagSafe、2つのThunderbolt 4ポート、ヘッドホン端子。右側にSDカードスロット、HDMIポート、1つのThunderbolt 4ポートが配置されている。

キーボードのデザインは、24インチiMacと同時に発表された新型Magic Keyboardと同じデザイン。キートップおよびキーボードの背景が黒くなっている。Touch Barは廃止され、物理ファンクションキーが復活。escキーも大型化している。

ディスプレイ

MacBook Pro with display 01

概要
  • 14.2インチと16.2インチ
  • Liquid Retina XDRディスプレイ
  • ProMotionテクノロジー対応

14インチ/16インチMacBook Pro(2021)は、ディスプレイが劇的に進化。画面サイズが大きくなり、明るくなり、解像度が向上。リフレッシュレートも最大120Hzに対応した。

14インチモデルは、M1 MacBook Proの13.3インチから14.2インチに大型化し、ディスプレイ解像度は3,024 x 1,964まで上がった。Pro Display XDRやiPad Pro(2021)と同じミニLEDバックライト技術を取り入れており、最大輝度は1,000ニトに倍増。ピーク輝度は1,600ニトまで向上している。

16インチモデルは16インチから16.2インチに大型化し、解像度は3,456 x 2,234になった。

いずれも筐体の大型化を必要最低限に留めながら、ディスプレイの大型化を実現。ディスプレイ上部にノッチ(カメラハウジング)を追加することで、ベゼルを従来よりも薄くし、筐体におけるディスプレイの占める割合を増やした。

ディスプレイには、iPad Pro(2021)の12.9インチモデルやPro Display XDRに搭載されているミニLEDバックライト技術を採用。広色域、高いコントラスト比、HDRが表示可能で、有機ELディスプレイと似た黒く映したい特定のエリアのバックライトを暗くできる「ローカルディミング」も実現できる。

生体認証

MacBook Pro Late2016 15inch model photos

概要
  • Touch IDを搭載

M1X MacBook Pro」にはFace IDの搭載が期待されているが、Bloombergによると、直近で実装される予定はないという。これまでどおり電源ボタンにTouch IDが内蔵されると考えられる。

バッテリー

  • 14インチモデルは23時間
  • 16インチモデルが25〜30時間

M1X MacBook Pro」の電池持ちは、14インチモデルが23時間、16インチモデルが25〜30時間になると噂されている。16インチモデルは電池容量が減っているが、最新のAppleシリコンチップ(M1X)により省電力性能が向上するだろう。

中国規制当局のデータベース上から発見されたバッテリー情報によると、16インチモデルの容量は8,693mAh。現行の16インチモデルは8,790mAhとなっており、約1%の微減だ。14インチモデルの容量は6,068mAh。13インチMacBook Proは5,103mAhとなっており、約18%増となっている。

発売日・発表日

概要

M1X MacBook Pro」は、スペシャルイベント「Unleashed」で正式発表。10月26日に販売開始された。

価格

概要
  • 14インチ:239,800円から
  • 16インチ:299,800円から

価格は、14インチモデルが239,800円から、16インチモデルが299,800円から。

14/16インチMacBook Proの噂

55本の記事を表示する

特集
公開情報
更新日2021年10月27日
コメント(6件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:613592)

    MacBook Air がとんでもない完成度でしたから、上位版には大きな期待を抱いてしまいますね。

  2. ニックネーム(任意)(コメントID:599009)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:599004)
    14インチディスプレイってことは本体サイズは13インチママってことなのかな たのしみだぁ☺️

    16インチみたいに、ちょっとだけデカくなるって話もありますけどね。
    リークも人によってちょっとずつ違うので、公式の発表が楽しみですね。

  3. 通りすがりの読者(コメントID:599004)

    14インチディスプレイってことは本体サイズは13インチママってことなのかな
    たのしみだぁ☺️

  4. 通りすがりの読者(コメントID:598941)

    今すぐにでも発売開始して欲しい😭

  5. g.O.R.i(コメントID:586175)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:586174)
    わくわくしますねー!

    楽しみですねー!!!!

  6. 通りすがりの読者(コメントID:586174)

    わくわくしますねー!

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索