14インチ/16インチMacBook Pro、10月末または11月上旬発売か

M1を上回る性能を持つ「M1X」チップを搭載するとの予測

MacBook Pro 13inch M1 factory 01

14インチと16インチの新型MacBook Proは、10月末または11月上旬に発売される可能性がある。M1 iMac、M1 iPad Proの仕様を正確に予測した実績を持つ、iOSデベロッパーのDylan氏(@dylandkt)が明らかにした。

Dylan氏は、新型MacBook Proは、M1と比べてThunderboltチャンネル、CPUとGPUのコア数、消費電力の増加した「M1X」チップが搭載されると予測。MacBook Proだけではなく、新型Mac miniおよびiMacの上位モデルに搭載されるそうだ。

M1Xチップは、10コアのCPU、16コア/32コアのGPUから構成されると噂されている

ハイエンドMac、10〜11月頃に一斉刷新か

Dylan氏の予測が正しければ、Macラインアップのハイエンドモデルは10〜11月頃にAppleシリコンモデルへと一新する可能性がある。2年間かけて行われるAppleシリコン移行の中で、Intelモデルが残っているモデルは以下のとおり。

※Mac miniの4ポートはThunderbolt 3ポートのこと

M1 Macは昨年11月、 MacBook AirMacBook Proの2ポートモデル、Mac miniの2ポートモデルがアップデート。同じ流れになるとすれば、「M1X」チップを搭載したMacが同時期に一斉発表されても不思議ではない。

新型MacBook Proは、フラットなデザインの採用、SDカードスロットとHDMIポート、充電用MagSafeの搭載、Touch Barの廃止などが特徴。電池持ちは最大30時間にもなり、価格は据え置きになると見られる。

新型Mac miniもフラットなデザインへ移行し、流出したCADデータによると、Thunderboltポートが4つ、USB-Aポートが2つ、EthernetとHDMIポートが1つずつ搭載される。

新型MacBook ProはWWDC 2021で発表が計画されていた形跡が発見されているが、実現されず。噂を信じて手元のマシーンを売却してしまったユーザーが話題になっていた。

Digitimesは、搭載されるミニLEDパネル不足が原因で、当初2021年第2四半期(4〜6月)に新型MacBook Proを生産開始する計画を、第3四半期に延期したと報道。BloombergのMark Gurman記者は、7月以降の登場を予測している。

M1Xに関する噂

5本の記事を表示する
関連情報
更新日2021年06月23日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索