M1X MacBook Proか?新型Mac、EECのデータベースに登録

「A2442」「A2485」の2種類が登録、いずれもmacOS 12が動作

Philipp katzenberger jVx8JaO2Ddc unsplash

未発表の新型Macと見られるデバイスが、ユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission = EEC)のデータベースに登録されたと判明した。

Eec macbook pro filing

登録デバイスのモデル番号は、「A2442」「A2485」の2種類。いずれのデバイスもmacOS 12を内蔵しており、今秋発売を予定されている新型MacBook ProまたはMac miniを示唆している可能性が高い。

新型MacBook Proは、14インチと16インチの2モデルが用意されると噂されている。M1チップを上回る性能を持つ「M1X」の搭載、デザインの刷新、ミニLEDディスプレイの搭載、Touch Barの廃止と物理ファンクションキーの復活、MagSafeや旧ポートの復活、最大30時間のバッテリーなどが特徴になると見られている。

新型Mac miniは、MacBook Proと同じ「M1X」チップを搭載し、デザインが刷新されるとの噂だ。実機の図面をもとに作成したレンダリング画像によると、搭載ポートは、Thunderboltポートが4つ、USB-Aポートが2つ、EthernetとHDMIポートが1つずつ。電源ケーブルは、24インチiMacと同じマグネット式ケーブルになっている。

(Source: Consomac via 9to5Mac

公開情報
更新日2021年08月24日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索