M2、量産開始か 新型MacBook Proに搭載の噂

M2の詳細は不明だが、16個の高性能コアと4個の高効率コアから構成される20コアチップが開発中との噂

Tianyi ma WiONHd zYI4 unsplash

Appleが、新型MacBook Pro(2021)に搭載すると噂されている「M2」チップの量産が開始された可能性がある。Nikkei Asiaによると、製造には3カ月かかる見通し。出荷は早くとも7月以降になるという。

「M2」チップの詳細は不明。AppleはMacBook Pro(2021)向けに16個の高性能コアと4個の高効率コアから構成される20コアチップをデザインしているとの情報がある。開発状況次第では高性能コアが8または12コアになる可能性はあるが、高性能コア・高効率コアがそれぞれ4コアずつM1チップと比べてパフォーマンスの向上が期待できる。

MacBook Pro(2021)は、14インチと16インチの2モデル展開になるとの噂だ。流出したAppleの技術資料によると、MagSafeの復活、Touch Barの廃止に加え、SDカードリーダーとHDMIポートの復活は実現可能性が高い。

Ming-Chi Kuo氏は、2021年第3四半期(7〜9月)に登場すると予測しており、Bloombergは登場時期を「2021年半ば」としている。

(Source: Nikkei Asia via MacRumors

公開情報
更新日2021年07月11日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. ぬぶすぷ(コメントID:600816)

    AチップみたいにXが上位版、無印が通常及び廉価版ってなるのか、コア数の違いで分けるのかめっちゃ気になる。。。(今回のiPad ProがM1を搭載してきたので、ますます読めなくなってきました)

  2. 通りすがりの読者(コメントID:600811)

    早くも次世代チップ!
    毎年新しいMacと一緒にチップの新しいものになっていくんでしょうか🤔

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索