M2 Maxチップのベンチマークスコアが判明か。新型MacBook Proに搭載の噂

事実だとすれば、3nmプロセスではなく第2世代の5nmプロセスを採用している可能性が高い

M2 max macbook pro score leak 1

Geekbenchより

M2 Maxチップを搭載した未発表のMacが、Geekbench 5のベンチマークデータベースに投稿されている。機種IDは「Mac14,6」、動作OSは「macOS 13.2」となっており、搭載チップは「Apple M2 Max」と記載。投稿内容が本物だとすれば、M2 Maxチップは動作周波数3.54GHzの12コアCPU、96GBのメモリを搭載している。

シングルコアスコアは「1853」、マルチコアスコアは「13855」。M1 Maxチップと比較して、シングルコアは約6%、マルチコアは約12%の性能向上が見られる。M1チップとM2チップの性能差と概ね一致していることから、一部で噂されていた3nmチッププロセスではなく、第2世代の5nmプロセスを採用している可能性が高い。

M2 max macbook pro score leak 2
Geekbenchより

CPUコア数はMark Gurman記者の予測と一致

Appleに詳しいBloombergの名物記者Mark Gurman氏は、M2 Maxチップは8つの高性能コアと4つの高効率コアから構成された12コアCPUと、38コアのGPU、最大64GBのメモリ(RAM)を搭載すると予測。Geekbenchの投稿のほうが搭載メモリは多いものの、CPUのコア数は一致している。

M2 Maxは、新型14インチ/16インチMacBook Proに搭載されると噂されている。”超広帯域メモリ”を搭載し、2023年3月の発表が有力視されている。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2023年01月17日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:651380)

    問題は価格 現行のM1からの大きな進化はなさそう。体感で感じる速さの違いはなさそうだし。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索