デザイン刷新の新型iPad miniは今秋登場、大型iMacは開発中か

iPad miniの新デザインは「iPad mini登場から9年間で最も劇的」

Ipad mini colors

Appleは、新型iPad miniiPad mini 6)を今秋に発表する可能性が高い。Appleに詳しいBloombergの名物記者Mark Gurman氏が公開した最新のニュースレターによると、iPad Airの現行モデルと似たデザインを採用し、最新のプロセッサを搭載するという。新しいデザインは「iPad mini登場から9年間で最も劇的」と表現している。

”小型化したiPad Air”登場の期待が高まる

Appleのリーク情報を発信しているJon Prosser氏は、「iPad mini 6」を”小型化したiPad Air”と表現しており、Mark Gurman氏と一致。Face IDは搭載されないが、電源ボタンにTouch IDが内蔵されていると見られる。

またUSB-Cポート搭載、A14 Bionicチップ内蔵、5G対応が特徴になると予測。「iPad mini 6」専用の小型化されたApple Pencilの登場にも言及している。

iPad miniの現行モデル(iPad mini 5)は、2019年に発表。A12 Bionicチップを搭載し、初めてApple Pencilの入力をサポートした。

27インチiMacを置き換えるモデルが開発中

Mark Gurman氏は、ニュースレターの中で27インチiMacを置き換える新モデルが開発中であると説明。詳細は明らかにしていない。

Bloombergは今年5月、大きいディスプレイを搭載した新型iMacは、24インチiMacの開発を優先したため数カ月前から開発が停止していると報じていた。

新型iPad miniや大型iMacの噂

8本の記事を表示する
関連情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:605917)

    デザイン刷新の噂は一番ワクワクします・・・!

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索