新型iPad miniは”Pro”モデル?2021年後半に発売との情報

これまでの「iPad mini 6」の噂と一致しないが、将来的に計画されている可能性はゼロではない

Ipad mini pro concept image 3

iPad mini Pro」のコンセプトイメージ = Svetapple.skより

Appleは、2021年後半に「iPad mini Pro」を発売する可能性がある。韓国のNaver Blogに投稿された情報によると、8.7インチディスプレイを搭載し、既存のiPad miniと比べて横幅が増し、縦幅が減っているという。昨年7月から発足したプロジェクトは研究開発段階を追え、現在は「P2」段階にあり、近々DVT「P3」段階に移行すると予想している。

投稿者のユーザー名は「yeux1122」。過去のリーク情報の実績などは不明だ。

フルスクリーンディスプレイを搭載した小型のiPadの情報も浮上

Kangは3月2日、フルスクリーンディスプレイを搭載した小型のiPadが開発中であることを示唆。Kang氏は、WWDCの発表内容、iPhone 12シリーズの発売日新カラーバリエーションMagSafeアクセサリーの登場を完璧に予測した実績を持つリーカーだ。

Kang氏によると、小型のiPadはデザインを決定している段階(DVT)にあり、生産検証試験段階(PVT)に至っていないという。Naver Blogに投稿された内容と概ね一致している。

新型iPad miniに関する最新情報

Ipad mini pro concept image 2
「iPad mini Pro」のコンセプトイメージ = Svetapple.skより

Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、8.5〜9インチ型iPad miniが2021年前半に発表されると予測。Macお宝鑑定団Blogは、新型iPad mini(iPad mini 6)は、ディスプレイサイズが7.9インチから8.4インチに大型化すると伝えている。

デザインは、iPad Air 3(1世代前の機種)と同様に狭額縁を採用。ディスプレイの大型化を実現すると見られる。現行のiPad ProやiPad Airのような、角張ったデザインには移行しない

生体認証はTouch IDが採用され、従来通りディスプレイ下部のホームボタンに内蔵される可能性が高い。ポートもLightning端子になると伝えられている。

現行のiPad mini 5は、iPad miniとしてはじめてApple Pencilに対応したモデル。2019年3月に登場した。A12 Bionicチップを内蔵し、45,800円から販売されている。

新型iPad miniのニュースをチェックする

5本の記事を表示する
公開情報
更新日2021年03月04日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPad mini」新着記事
トレンド検索