新型Mac Proは大小の2種類存在、小型モデルはPower Mac G4 Cubeに似たデザインか

現行機種と同じサイズのモデル、AppleシリコンチップではなくInelチップを採用する可能性

Power Mac G4 Cube

Power Mac G4 Cube

Appleは、2種類の新型Mac Proの開発に着手している可能性がある。Bloombergによると、1種類はMac Pro(2019)のデザインを引き継いだ製品になるという。Appleシリコンチップには移行せず、引き続きIntelチップの使用が検討されている。

もう1種類は、Appleシリコンチップを搭載し、現行モデルの約半分のサイズになるそうだ。筐体にはアルミニウムが使用され、Power Mac G4 Cubeを彷彿させるデザインになると報じられている。

Appleシリコンにより高性能と小型化を両立か

Apple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏が2月24日、YouTubeチャンネル「FRONT PAGE TECH」を更新。Appleシリコンチップを搭載した新型Mac Proのレンダリング画像を公開している。

Mac Pro concept images
Concept Creatorによるコンセプトイメージ

新型Mac Proの発売時期は明らかになっていない。Appleは新型MacBook ProiMacを開発しており、いずれも年内発表が噂されている。

Appleはハイエンドのデスクトップマシーン向けに、最大で32個の高性能コアを搭載したAppleシリコンチップを開発していると噂されている。また64コアおよび128コアのグラフィックエンジンの開発も進められており、NvidiaおよびAMDが使用しているグラフィックモジュールと比べて数倍高速になるとされている。

関連情報
更新日2021年02月25日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. くは72(コメントID:597283)

    Power Mac G4 Cube…Appleの意地を垣間見ますね
    当時はあまり売れなかったようですが、価格次第では大ヒットの予感

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索