次期iPhoneは10月に発売開始かーー例年より1ヶ月遅れ

IDrop News Exclusive iPhone 8 Image

Economic Daily Newsによると、次期iPhoneは例年通り9月に発表されるものの、発売開始時期は例年より1ヶ月遅れの10月になるDigitimesが報じている。

一部噂では「iPhone 8」の量産開始が遅れると伝えられていたが、「A11」チップの製造を担当しているTSMCや基盤を担当しているZhen Ding TechnologyやKinsus Interconnect Technology、バッテリーを担当しているSimplo Technologyはいずれも6月から量産体制に入る準備ができていると伝えられている。

また、iPhone本体の組み立てを担当するFoxconn、Winstron、Pegatronは量産開始に向けて雇用の拡大を進めているとのこと。

今年は「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」に加え、プレミアムモデルの「iPhone 8」の登場が期待されている。3モデルともワイヤレス充電に対応すると噂されているが、「iPhone 8」は有機ELディスプレイと3Dセンサーの影響で発売が遅れると予想されていた。

最近の噂によると、「iPhone 8」はレシーバーを改良し、ステレオサウンドや防水性能が向上すると報じられていた。ホームボタンが廃止され全画面ディスプレイになる可能性は非常に高いが、「Touch ID」がどのように実装されるのかについては未だに情報が錯綜している

あわせて読みたい