iPhoneのプレミアムモデルは9月発売ではなく、10〜11月頃になる可能性

Apple iPhone X Die Design Studie von COMPUTER BILD 7

次期iPhoneのプレミアムモデルは発表されてから発売されるまで少々時間が空きそうだ。

Economic Daily Newsを情報元としてDigitimes「技術的な課題」を理由として、次期iPhoneのプレミアムモデルは9月発売ではなく、10〜11月頃になる可能性があると報じている!

有機ELディスプレイや3Dセンサーに関する技術的な課題

Samsungに有機ELディスプレイパネル7,000万台以上を発注したと報じられていることから、次期iPhoneのプレミアムモデルはやはり有機ELディスプレイを搭載する可能性が高いと見られているが、サプライヤーは新しいディスプレイの薄膜積層プロセスに関連する技術的な課題に直面しているとのこと。

また、噂されている3Dセンシングシステムの採用も発売時期を遅らせる要因となっているようだ。

次期iPhoneの発売時期が遅れるという噂は毎年報じられ、結果的になんとか間に合っているような印象があるが、今年のプレミアムモデルに関しては本当に発売時期が遅れるかもしれない

理由はいくつかある。まず、発売時期が遅れると報じられたのは今回が初めてではない。Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)Barclaysのアナリストが同様の内容を伝えていた。

さらに、Foxconnからのリークが現段階で全くないということを9to5Macは指摘している。3月時点では開発段階にあり複数のプロトタイプをテストしていること、基本コンセプト以外決まっていないと報じられ、Digitimesはプレミアムモデルは9月に量産開始すると伝えていた。

もちろん、これはあくまでも噂。Appleは例年通り課題をなんとか乗り越え、少量ながらも9月中に発売開始をする可能性も十分にある。

個人的に気になっているのはプレミアムモデル以外の情報も一切流れてこないということ。Foxconn内のセキュリティ体勢が強化されたのか、そもそも中国以外で開発を進めているのか、どうなっているのだろうか。

最近の噂では2017年発売のiPhoneは3モデルとも「True Tone」ディスプレイを搭載すると報じられていた。プレミアムモデルは当初11万円以上になると噂されていたが、価格は予想されていたほど高くならないという情報もある。