「iPhone Edition」、カメラは縦並び、ホームボタン非搭載、ガラスに挟まれたステンレススチール製の筐体を採用か

IDrop News Exclusive iPhone 8 Image

最近は「iPhone 8」とも呼ばれつつ、一部では「iPhone Edition」とも呼ばれている次期iPhoneのプレミアムモデルに関する最新の仕様情報が舞い込んできた!

Macお宝鑑定団Blogによると次期iPhoneのプレミアムモデルは技術検証テスト(EVT)段階を経て、ようやくデザイン検証テスト(DVT)段階に進んだと伝えている。

以前は「基本コンセプト」である「5インチ液晶ディスプレイ」「デュアルカメラ」「ワイヤレス充電対応」「Lightningコネクタ仕様」しか決まっていないと伝えられていたが、これらに加えてホームボタンの廃止全面ディスプレイの搭載ガラスに挟まれたステンレススチール製の筐体を採用するなどの情報が明らかになっている!

Apple Watch」のようなステンレススチール筐体か

まず、ディスプレイに関してはやはり「Galaxy S8」や「Galaxy S7 Edge」のように湾曲したディスプレイではなく、従来モデルと変わらず「2.5Dラウンドエッジ加工」が施された平面型のディスプレイを採用しているとのこと。

先日iDrop Newsが伝えていた通り、ディスプレイ側だけではなくバックパネル側も「2.5Dラウンドエッジ加工」になるとのことで、側面は「Apple Watch」のような磨きのかかったステンレススチールフレームを採用。これは昨年9月にKGI証券のMing-Chi Kuo氏が報じていた内容と一致する。

全面ディスプレイを採用するためホームボタンは廃止。FaceTimeカメラも画面に内蔵されると伝えられている。ただし、「Touch ID」が画面内蔵になるかどうかについては「確認できていない」とのこと。あくまでもホームボタンが画面側から廃止されるということのようだ。

ここ最近のリークでもデュアルレンズカメラは縦並びになっていると伝えられているが、Macお宝鑑定団Blog昨年12月に報じてた情報と一貫して縦並びを主張。本体を横向きにした際にVR撮影を可能にすることが目的ではないかと予想している。

なお、プレミアムモデルばかりの情報が目立つ今日この頃だが、「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」のアップデートモデルも今年発表される予定となっている。「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に関しては現行モデルと比較してやや分厚くなる可能性があるとのこと。よって、今使用しているケースは次期モデルでは使用できない可能性があると指摘している。