「iPhone 8」のベゼルは4mm?!「Touch ID」や内向きカメラは画面に内蔵

IDrop News Exclusive iPhone 8 Image 8

AppleはiPhoneのプレミアムモデルの試作機を10種類テストしていると言われているが、最近流出した図面では縦並びのデュアルレンズカメラや背面側に移動した「Touch ID」などが特徴となっている。

今度はまた新たな情報が入り込んできた!iDrop NewsがFoxconnの従業員から得た情報によると、Appleは「iPhone 8」の試作機を2種類テストしているとのこと。

1つはリークした図面のように「Touch ID」が背面側に移動しているタイプ。もう1つは「Touch ID」が画面の下に内蔵されたタイプだという。

FaceTimeカメラもディスプレイ内に埋め込まれる?!

iDrop Newsは次期モデルのスペックも明らかにしている。

有機ELディスプレイパネル7,000万台以上を発注」や「有機ELディスプレイの供給で2年契約を締結」などのニュースからAppleが有機ELディスプレイを採用する可能性は高いと見られているが、やはり5.8インチ型有機ELディスプレイが搭載される模様。

IDrop News Exclusive iPhone 8 Image 6

本体サイズは「iPhone 7」と同じ。

IDrop News Exclusive iPhone 8 Image 10

以前からあった曲面仕様に関してはNikkei Asian ReviewMacRumorsが伝えていた通り、現行モデルと変わらない「2.5Dラウンドエッジ加工」が施されたガラスを使用するとのこと。

ただし、「iPhone 8」はディスプレイ側だけではなくバックパネル側も「2.5Dラウンドエッジ加工」。最近話題に上がらなくなっていたが、プレミアムモデルは前面ガラス筐体を採用すると噂されていた。

図面では上下のベゼルを多少残したままになっていたが、今回の情報によると「iPhone 8」のベゼルは4mmで統一され、ホームボタンのみではなく内向きカメラも画面内蔵になると伝えている。恐らく、各種センサーも内蔵されてるのだろう。

IDrop News Exclusive iPhone 8 Image 2

また電源ボタンは従来機と比較して横長になっている。これは接触点が2箇所になっているとのことだが、理由は不明とのこと。

iDrop Newsには今回の情報をもとに制作されたモックアップ画像が多数公開されているので、参考にどうぞ!

(via 9to5Mac

あわせて読みたい