「iPhone 8」、「Touch ID」はやはり背面に?!資料の写真がリーク

Iphone 8 ppt touch id on the back

ホームボタンをディスプレイ側から廃止するとされる「iPhone 8」だが、「Touch ID」は背面側に移動することを示唆する資料の写真/LEAKS投稿している

このような情報は過去に何度も報じられている。Weiboに投稿された「iPhone 8」の「本物の図面」とされる図面にも背面側に「Touch ID」が配置されていた。

他にも「iPhone 8」用とされるケースの写真には背面側に「Touch ID」用とされる穴が空けてあり、CLSAのアナリストSebastian Hou氏とBrian Chen氏は背面に「Touch ID」が搭載される可能性が「極めて高い」と指摘していた。

消えない「Touch ID」が背面に移動するという噂

Appleにとって「Touch ID」をディスプレイに内蔵することが「最大の難関」と噂され、一時期は非搭載になる可能性も噂されるほどに。

果たして本当に「Touch ID」は背面に配置されるのだろうか。先日、「iPhone 8」の完成版とされるモックアップが公開が公開されていたが、本体の背面側には「Touch ID」用の穴らしきものは見当たっていない。

Bgr iphone 8 mockup

今回リークした資料は「20170503.ppt」というファイル名から推測するに、2017年5月3日に作成されたものと考えられ、比較的最近のものである可能性がある。Appleがこの数週間でこの案をボツにし、画面内蔵にこだわっていると信じたいが、どうなることやら。

量産開始時期は10〜11月頃に延期され、出荷数は「最悪の事態」になることから発売時期が例年より大幅に遅れると噂されていた「iPhone 8」だが、最新の噂だと例年通り9月頃に発売されると言われている。価格は128GBモデルが999ドル、256GBモデルが1,099ドルと予想されている。

あわせて読みたい