「iPhone 8」の図面がリークか?!ベゼルレスディスプレイ、縦並びのデュアルカメラ、「Touch ID」は背面側に移動

Iphone 8 schematics

iPhone 8」こと次期iPhoneのプレミアムモデルの「本物の図面」がWeiboに投稿されていると9to5Macが伝えている。

噂通りホームボタンは廃止され、ほぼベゼルレスのディスプレイを搭載。上部のベゼルには内向きカメラやスピーカー穴がある。

背面側を見ると縦並びになったデュアルレンズカメラが確認でき、Appleロゴの下には見慣れない円形のボタンが配置されている。どうやらこれはベゼルレスディスプレイ採用で犠牲になった「Touch ID」を示しているようだ。

3回目の技術検証試験段階における試作機か

注目すべきは右上にある文字列。「EVT」と書かれているのは「技術検証試験段階」のことを意味し、「3」と書かれていることからこの図面上にあるiPhoneは3回目の技術検証試験段階における試作機のものであると考えられる。

なお、技術検証試験はAppleが新製品を開発する過程の中で初期の段階で実施される。その後、デザイン検証試験(DVT)や生産検証試験(PVT)を通過する必要があり、実際に量産体勢に入る入るまでは時間を要すると見られる。

図面には「iPhone 8」のサイズを149.501mm x 72.497mm x 8.624mmだと書いている。参考として、「iPhone 7」は138mm x 67.1mm x 7.1mm。「iPhone 7 Plus」は158.2mm x 77.9mm x 7.3mm。このことから、iPhone 8」の本体サイズは「iPhone 7」以上「iPhone 7 Plus」以下で現行モデルと比較して1mm以上も分厚い、ということになる。

Appleは「iPhone 8」のプロトタイプを10種類以上テストしていると伝えられていることから、この図面にあるiPhoneもそのうちの1つであると考えるのが妥当だろう。信憑性は定かではないが、「Touch ID」をディスプレイに内蔵することが「最大の難関」であると報じられていたことから、「Touch ID」を背面側に持ってくることも考えているのかもしれない。

最近の噂では、2017年発表のiPhoneは全モデル3GBのRAMと急速充電対応Lightningポートを搭載するとのこと。なお、「iPhone 8」は開発の難しさゆえ、発売時期が遅れると伝えられている。