「iPhone 8」の「Touch ID」は画面内蔵に、顔認証と虹彩認証に対応か

IPhone X iDrop News

WWDC 2017」を無事終えた今、次に発表されるのは次期iPhoneだ。当然ながら「iOS 11」がプリインストールされていると思われるが、噂されている全面ディスプレイを始めとした新しい筐体だとどのように見えるのだろうか。

iDropNewsiOS 11」が動作する「iPhone 8」のコンセプトイメージを公開すると同時にiPhone 8」に関する最新情報を伝えていたので、紹介する!

iPhone 8」に採用されると報じられている機能まとめ

以下がiDropNewsが次期iPhoneに搭載されると予想される新機能。過去に報じられている情報と一致している部分も多いため、過去に紹介した記事と併せてどうぞ!

ワイヤレス充電

「iPhone 8」は充電用パッドを内蔵し、ワイヤレス充電に対応するとのこと。ガラス製のバックパネルを搭載していることによって実現されている。

縦並びのデュアルレンズカメラ

IPhone X iDrop News

以前から何度も報じられているが、縦並びのデュアルレンズカメラを搭載することは間違いないなさそうだ。

縦並びという一見不思議な配置に変更された理由はAR機能やサービスを利用するためだという。

顔認証および虹彩認証に対応

「iPhone 8」には赤外線センサーなどの新しいセンサーが搭載され、3Dデュアルレンズカメラとの組み合わせで顔認証や虹彩認証に対応するという。

LG Innotekが「iPhone 8」用に世界初の3D顔認識カメラシステムを提供すると報じられていた。KGI証券のMing-Chi Kuo氏も過去に3Dセンシングや顔認識に対応し、「iPhone 8」の内向きカメラは劇的に進化すると伝えていた。

「Touch ID」は画面内蔵に

IPhone X iDrop News

背面側に配置されるという噂もあった「Touch ID」だが、Appleは「Touch ID」を画面内蔵することに無事成功した模様。

センサーバーの配置は未確定

IPhone X iDrop News

全画面ディスプレイを搭載する「iPhone 8」だが、画面上部のセンサー部分をどのようにするかはまだ決まっていない模様。

以前、Benjamin Geskin氏が「iPhone 8」のディスプレイ上部はセンサーやFaceTimeカメラを囲むようなデザインになると伝えていたが、センサー部分以下をディスプレイとする可能生もある模様。

「iOS 11」が動作する「iPhone 8」のコンセプトイメージ

iDropNewsは上記の情報を踏まえつつ、「iOS 11」が動作する「iPhone 8」のコンセプトイメージを多数公開している。

IPhone X iDrop News

個人的に気になっているのは以前報じられていた「ファンクションエリア」という存在。というのも、「iOS 11」ではiPadでmacOSのようなDockが表示されているのだが、その代わりのようなものが「iPhone 8」に表示されるのではないかと想像している。

下記コンセプトイメージのように、画面最下部に現在Dockの機能を拡張したような「ファンクションエリア」が用意されるというのは、もしかしたら現実としてあり得るのではないかと期待している。

IPhone X iDrop News

原文には多数のコンセプトイメージが公開されているので、チェックしてみるべし!

あわせて読みたい