「iPhone 8」のディスプレイ上部はセンサーやFaceTimeカメラを囲むようなデザインに?!

Iphone8 top design

Benjamin Geskin氏が入手した情報によると、iPhone 8」のディスプレイ上部は上記画像にあるようにFaceTimeカメラや各種センサー、レシーバー部分を囲むようなデザインになると伝えている。

これは以前、「Touch ID」が背面に搭載されると報じられた噂をもとに同氏が制作したモックアップ画像と一致。ただ、歪なこのディスプレイ形状にiOSはどのように最適化されるのだろうか。

電波状況や電池残量を表示するエリアとして活用?

個人的には時間はセンサーの下、左右の凹みに電波状況と電池残量などが表示されると予想していたが、Geskin氏も同様の見解を示し、有機ELディスプレイ採用のお陰で実際は下記のように表示されると予想している

Iphone8 top design 2

言われてみれば有機ELディスプレイの強みはピクセル自体が発光するという仕組み。仮にセンサー部分を囲むようなデザインだとしても、電波状況や電池残量などのシステム情報を表示するためのエリアとして使用すればベゼルと一体化し、違和感がなくなる。

さらに、アプリはセンサー部分の下までしか使わないようにすれば、デベロッパーも良く分からないディスプレイの形状にアプリを最適化する必要がなくなる。

信憑性は定かではないが、可能性としては有り得そうだ。

Apple新学期を始めようキャンペーン