「iPhone 8」のカラバリは4色展開、新色に”鏡モデル”登場か

Mirror Design iPhone 8

Benjamin Geskin氏によると、iPhone 8」のカラーバリエーションは4色展開となり、新色として「鏡のようなカラーモデル」が登場すると投稿している

「鏡のようなカラーモデル」と言われてもピンと来ないが、参考イメージとして冒頭にあるような鏡面加工のケースを例として挙げている。

思い返してみればジェットブラックの外観もまるで鏡面のような筐体を持つ。Geskin氏は新色が登場するようなニュアンスで書いているが、個人的にはジェットブラックのように、既存のカラーモデルが鏡面加工されるという可能性も考えている。

昨年初登場したジェットブラックは爆発的な人気だったこともあり、Appleはその反響を受けて鏡面仕上がりのカラーモデルを増やす、という戦略を取ることも考えられるのではないだろうか。

4色展開というカラバリの多さに疑問、黒ベゼル以外登場の可能性は?

Geskin氏は6月後半に「iPhone 8」にはホワイトモデルが登場し、5色展開になると伝えていた。数日前、情報精度の高さに定評のあるMing-Chi Kuo氏はプレミアムかつ独特なイメージを担保するため、iPhone 8」に用意されるカラーバリエーションは少なくなると最新のレポートで伝えていた。

また、同レポートでは「iPhone 8」には「Touch ID」が搭載されないと伝えられていた。この情報を後押しするように、Bloombergからも関係者からの情報として「Touch ID」の代わりに3D顔認証を採用すると報じていた。

個人的な意見には、4色展開はカラーバリエーションとして決して少なくないように思う。また、「iPhone 8」のホワイトモデルのコンセプトイメージを見る限りでは、やはり画面上部の不自然なデザインが目立つことから、黒ベゼルに合うカラーモデルのみを展開するのではないかと予想している。

iPhone 8」ばかり注目されがちだが「iPhone 7s」および「iPhone 7s Plus」も今年発表される見通しとなっていて、全モデルワイヤレス充電に対応するものの、充電器は別売りになり、ワイヤレス充電パッドは後日のソフトウェアアップデートと同時に遅れて発売されるという噂もある。