2017年発表のiPhone、全モデルワイヤレス充電に対応、充電器は別売りに

Iphone 8 concept image

KGI証券のMing-Chi Kuo氏は最新のレポートで「iPhone 8」には「Touch ID」が搭載されないと伝えていた。その後、Bloombergも関係者からの情報として「Touch ID」の代わりに3D顔認証を採用すると報じていた。

Kuo氏のレポートによると、iPhone 8」だけではなく「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」も、ワイヤレスパワーコンソーシアム(WPC)の策定するワイヤレス充電の基準を満たすために、ガラスに挟まれたステンレススチール製の筐体を採用すると伝えている。

よって、2017年発表のiPhoneは全モデルがワイヤレス充電に対応する見通しとなっているが、ワイヤレス充電器はiPhone本体と同梱されず、別売りに。購入時には従来の5W電源アダプタが用意されているとのこと。

先日、「iPhone 8」に「USB-C Power Delivery」対応の10W電源アダプタが同梱される、という噂もあったが、Macお宝鑑定団Blogによると、iPadのようにUSB-C電源アダプタを使用した場合において高速充電が利用可能になる仕様になるのではないかと指摘していた。

今回の情報と照らし合わせてもその可能性は高く、全モデルワイヤレス充電に対応するが、同梱物は以前と変わらずに、ワイヤレス充電を利用するためには別売りのワイヤレス充電器を同時購入する必要がある見通し。

Kuo氏のレポートによると、「iPhone 8」と「iPhone 7s Plus」のRAMは3GB搭載し、「iPhone 7s」のみ2GBになるとのこと。「iPhone 8」はスピーカー性能が向上し、カラバリは従来機ほど提供されないと予想されている。

(via MacRumors

あわせて読みたい